2010年11月22日

みなさま、お変わりなくて何よりです!

先週末、高校陸上部のOB会がありました。それこそ、卒業以来久しぶりに顔を合せた様な人もいたわけでして。ただ、みんな、たいして変わってないよな。って思いました(笑)よかった!自分だけが世の中から取り残されているわけではない・・・・みたいな。

それは、冗談ですが高校時代の仲間も、大学時代の仲間も、なんて言うのかその時は確かに同じ場所で、同じ時間を過ごして来ました。卒業して10何年も経つと、もちろん住んでる場所も、仕事もそして生活スタイルそのものも、全く違うはずなんですが、それでも、そこにはその頃と同じ様な空気が流れ、なんか安心できるものがありますね。

今、自分自身は、トレーナーと言う立場でその頃の自分達と同じ年代の選手と接しています。こうやって、何年経ても、こんな風に感じる事ができるって言うのは、この年代の経験って、人間形成だったり、今後の人生だったりに、結構影響するものなんだろうな・・・・とか、ふと考えてしまいました。

自分は非常に微力ではありますが、彼らのより良い10数年後の為に何か役に立てればな・・・・



posted by 石井成之 at 11:01| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

言葉の裏を読む

最近巷では、柳田法務大臣の発言が問題になっています。私は、柳田法務大臣とお会いした事もなければ、別段支持しているわけでもありません。が、この一連の流れの中でふと感じた事を書いてみようかなと思いまして、こうして書いているわけです。

断っておきますが、政治的意図は全く無いですし、柳田大臣がと言うより、この出来事により考えた事と言うだけですので、柳田批判をここでされても、私は知りませんので・・・・

「2つの事だけ言っておけばいい・・・」と言うのも、その前後にどんな会話があったのかも解りませんが、我々も「大変なお仕事ですね!」と言われて「いや、そんな事ないですよ。趣味みたいなものですから・・・」みたいな表現をする事があります。それを「アイツは仕事をなめている!!」とか憤慨されたら困りますよね。

「もういい!勝手にしろ!!」と言われたとして「わかりました!!」って勝手にやってたら、間違いなくぶん殴られて来ました。「勝手にしろ」と言う言葉の裏には「本当にそれでいのか、もう一回ちゃんと考えろ!少なくとも、俺はそのやり方は認めていない!!」と言う意味がそこにはあるわけですよね。それを真に受けて勝手にやったら・・・・おいおいって話です。

その人の立場と言うものがあるので、確かに発せられた言葉に責任を持つと言うのは、気を付けないとならないでしょう。しかし、それと同時に、言い難い事をはっきり言わなかったり、あるいは謙遜の意味もあっての言葉であったり、と言う所をくみ取る力が落ちて来ているのかな?と言う気もします。

解りやすいもの、派手なもの、目新しいものが次々に出て来ては消えていく、ある意味それで消費が成り立っていると言える昨今ですが、こんな時こそ、日本古来からある「言葉の裏を読み取る力」をしっかり磨いて、柔らかく暖かい世の中になってほしいものです。

「言葉の裏を読む」「部分だけに固執せず全体を見る」どちらも、本質は同じなのかも知れません。どちらも、気持ちにゆとりがないとついつい忘れてしまう部分でもあります。

ふと、そんな事を思いました。気を付けよう・・・・

posted by 石井成之 at 10:53| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

今週・・・・

先日の駅伝以来、けっこうマジメに走ってます。毎朝。

これまで「やるならこれくらいはやらなきゃ・・・」みたいな思いがあって、60分、さいていでも40分以上は走らないと、走らなくても同じだ。と言い訳をして、ついつい走らない。で、走らなかった所を取り返すのに、いきなり90分とかやる、結果、疲れて続かない・・・と言う、失敗するパターンを続けて来ました。そろそろ、アベレージを求めるのをやめて、毎日少しでも続けると言う思考パターンに変えて見れば!と、ふと思い立ちました。

イチロー選手が「打率を追うとしんどくなる。安打数は、積み上げれるもので、決して後退しないから一年を通じて目標にするにはいい。」と言う様な主旨の事を言ってましたね。自分も、一日平均、何キロ走った。と言うより、1か月で何日走った。を意識して取り組んでみればいいのかなと。う~む・・・・・同じような事を言っているのに、このレベルの違いは何?????(笑)

いや、もしかしてそれは、内容の問題より、成し遂げた事の重みの問題でしょうか?もし、自分がオリンピック選手になったら・・・・・・・・・・・・・・・・・・って言う、あり得ない話はやめます。

が、仮にそうやって、2か月3か月先に、一定の成果をあげれば、それなりに説得力を持って来るのでしょう。今やってるのは、人体実験なんです。体幹の筋肉に刺激を入れて、少し動きの意識を変えて見る。プラス、しっかり走ってみる。を3か月、およそ100日続ければ、身体は変わるのか??姿勢であったり、体型であったり、少しプヨって来たおなか周りであったり。

それと、何にせよ、外で身体を動かすって言うのは、五感を使うものですから。季節の移り変わりや、朝だと、生活感のなかった街が徐々に活気づいて行く感覚や、日の出であったり・・・・毎日、刺激を得られます。やっぱり、そう言うものは、仕事においても役に立つような気がします。仕事に役立てるために、やってるわけでもないですが。

posted by 石井成之 at 09:08| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

昨日の追記

昨日、駅伝を走った事は、すでに書きましたが、それに伴う補足です。「気楽に走っていいよ!」と世話人の方からは言われましたが、自分はチーム最年長、しかもメンバーを見ると、知ってはいたけど・・・・やっぱり本気だよね。。。。。。

そもそも、自分がこのチームで走ること自体が、すでに「場違い感」一杯です。数年前くらい、準備ができてれば「俺の穴は、みんなでカバーしてくれ!」って言っても、失礼でないくらいにはかろうじて走れてたんですが、今現在は、そんな事を言おうものなら「空気読めよ!オッサン!!」ってなりかねないくらいの、走力ですから[E:sweat01]

そんな緊張感と、そうは言っても、昔取った杵柄という言葉もある。

そして、昔とはまるで違うアプローチで身体が変わって来ている実感もある。タイムを取るような事は最近まったくしてないので、一体どんなタイムで走れるのか??

それが、試合前にはいつも感じる「たまんねえな!このゾクゾク感!!」って言う緊張感と「このアプローチで、どれくらい走れるんかね??」と言うわずかばかりの期待感となって自分を包んでいました。

しかし、暑い[E:coldsweats02]W‐upして見て、ビビりました。11月の気温じゃないよね!寒くなる事に、対応できるような準備はしてきたけど、暑くなる時の準備はしてないんだよ!まあ、本番はランシャツ&ランパンだからいいんだけど・・・・

前の区間が、使い果たした感を漂わせて走ってきて・・・・ついに、来てしまった自分の公開処刑の時間[E:coldsweats01]受け取った襷は・・・・・・・・・・・・・文字通り「重かった」

ここまでつないで来た4人の汗を吸った襷は、本当に重くて。

多分、速乾性素材でも現代では襷は作れるのでしょうが、そうなってはいけないモノがある。

この汗の「重さ」と一緒に「責任の重さ」を感じます。この襷の存在感が、重たい足を引きずって走る気にさせてくれます。

自分の感覚よりも、速いタイムで3㎞を通過しました。。。。そこからは、思うように進まぬ身体に鞭打ちながら、自分の不甲斐なさを残念に思いながら、おそらく更に、自分の汗で重くなったであろう襷をアンカーにつなぎ終えました。

いや~ホッとしました。

ケツと内転筋、それに体幹部の筋肉痛に苦しむ日がしばらく続きそうです。

posted by 石井成之 at 11:49| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

もがいて来ました

今日は、待ちに待った・・・・いや、できる事なら逃げ出したかった[E:coldsweats01]駅伝の当日でした。

結果はチームは6位で、自分自身も今の練習の感じから言えば「追い込んだな[E:shine]」感のある、4.8㎞を17分22秒の区間9位でした。やっぱり、数年前の自分を想定すると、悔しさはあります。が、そこまでできてないんで仕方ないですね。でも、そこまでできてない事が、何よりも悔しい事の理由でもありますが[E:think]

毎回、どっかで大会を走る度に、悔しさを感じますね。もっと、しっかりした結果を出したい!と。でも、そこに対しての優先順位は決して高くない。逃げてるだけなのか??とも思いますし、逆に、そこまでしてやって、仕事などに支障はきたしたくないとも思うし、それを言い訳にしてしまう自分がいるのもまた事実ですね。

しかし、昨日、jccaの「コア・コーディネーション」のセミナーを受講して、バリバリに実技で「コア」に刺激が入り、いい動きになるんじゃないか???とか、現実を見ない期待をしてたんですが・・・・やはり、刺激が強かったのか(笑)ケツ、体幹回りの、筋肉痛&疲労で、自分の走ってる感覚が全く解らない状態でした。が、それでも自分の感覚より速く走ってる!って言うのが、途中の通過タイムを確認した感想だったので、結果良かったかなと。

まあ、こうなる事を想像して、このスケジュールになったと言うよりは、どちらも外せないから入れた結果、自分はもがくようになりましたが、意外と良かったかも・・・です。

前日が、もう少し適度な刺激だったら、もう少し動いたかもしれないですが・・・・まあ、来年も頑張ってみます。目標!!今日の自分!!!!で。

ちっちぇ・・・・俺[E:coldsweats01]

posted by 石井成之 at 21:29| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

そこに必然性があれば・・・・

最近、ランニングネタばかりで申し訳ございません。この数日と言うもの、動きが良くなくて、どう修正したものか??と考えながらやってます。

色々試してみて、一番しっくり来たのが「アゴを上げる」事。そう言えば、現役時代から「アゴを引け!!」ってよく言われてた気がします。でも、ちょくちょく上がってました。思い起こせば、アゴが上がってた時は、調子よく走れてた気もします。昔から下りは得意なんですが、下りでは若干アゴは上がり気味です。。。。

で、考えてみると、自分は頸の前側の緊張が強いタイプで基本「猫背ぎみ」なんです。で、アゴを引くともろに背中が丸まってしまう。特に、調子が悪い時は、上胸部のカタマリが強くなって、胸が閉じてしまう→肩甲骨が動かない→進まない。って感じなんです。たぶん・・・・・

で、アゴを上げると、胸が張れて肩甲骨が動き始める→ついでに腰もはまる。これ、みんなに当てはまる事ではないと思うんですが。だって、通常のボディバランスであれば、アゴを上げれば重心が後ろに行ってしまうんでしょうから。

要するに、アゴを上げるのがいい事だって話ではなく、その人の身体によって、最適なフォームは変わると言う事。今日、鏡の前で試してみたら、昔からの癖でアゴがあがって、頸が左に傾く状態で腕を振ると、左右の動きがきっちり同じになってました(笑)

自分、鎖骨の位置が左右で違うんで、たぶん頸が正中位にない状態で四肢の位置関係が中心に集まってくるんでしょうね。逆に言えば、胸の状態を改善できれば、その方が身体としてはいい状態になると言う事・・・・・・・・

どこを、どう変える事で目的の動きに近づけるのか?より快適に、そして故障のリスクを少なく・・・・・治療も、そんな組立で考えるようにしています。

posted by 石井成之 at 19:25| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

朝飯前の120分RUN

文字通り、朝飯前の120分走・・・・だったんですが、行った事実が「朝飯前」なだけであって、身体の方は「お腹一杯で、もう食べれません!![E:bearing]」状態でした。

9月に、駅伝出走の打診があってから、錆びついた身体に鞭打って、と言うか。「やる気なしお」君な自分自身の心に鞭打って、時には妥協し、時には妥協し??1ヶ月半が経過しました。

中々落ちない体重に落胆しつつ、これまで4度、120分走をやりました。最初にやった時に比べると、随分ゆとりがあるんですが、それでも後半はかなり、エネルギーの枯渇なのか?単に筋持久力の限界なのか?ヘロヘロ状態を迎える事だけは変わりがありません。しかし、こうやって、動かない状態で絞り出すような刺激を入れる事で、いくらか足が絞れてくる事を実感しています。ようやく、ここに来て、スピードを出して走る事にいくらか耐えうる足になってきた気がします。

高々、4km余りの距離を走る為に120分走る必要があるのか?もっと、効率のいい方法があるんじゃないのか?確かにそうだと思います。

例えば、毎日20分くらいハイペースで走る。このやり方の方が、確実にこの短期間では、結果を出せる気がします。が、今の自分の身体では、確実に壊れる自信があります[E:confident]いばる所じゃないんですが・・・・・(笑)

それもありますし、ここ数カ月、体幹の筋肉に今までとは違った形で刺激を入れるようにしました。その意識を染みつかせる為にも、少しゆっくり長時間動き続ける事をやってみたかった。と言うのもあります。

その甲斐あってか?今までとは違う所に筋肉痛や、疲労が出るようになってます。

こうやって、書いてると、スゲ~走るのが好きな人みたいですが・・・・・平気でサボるし、ケツを叩かれないとやらないし・・・・・・そんなに好きじゃないのかな??って最近は思ってます。

自分の、身体の使い方を確かめたり、体調維持だったり・・・・でも、走り始めると「もっと速く!!」って思ってしまうんですよね。だから、こうやって、いかに楽して速く走れるか??って言うのを考えてるんですが[E:think]どっちかって言うと、美味しく飲み[E:beer][E:bottle]食い[E:noodle]したいが故に走るみたいなもんですね。

楽に速く・・・・アスリートじゃないですね。それに、これだけ中途半端だともはや趣味とも言えない。。。。。。

まあ、身体の変化、動きの変化は面白いですよ。

posted by 石井成之 at 10:59| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

広島県高校駅伝

昨日、広島県高校駅伝が行われました。現在、トレーナー活動を行っている高校の応援?いや、単に見に行っただけですね(笑)

そこ以外にも、治療院に来てる選手は色々いますので、今回のようにチーム帯同じゃなく、ただの観戦であればどこか特定のチームを応援する事は公にはありません・・・・・とは言っても、やっぱりかかわりが深いチームは一番気にしますね。当たり前ですが。

結果的には、男女とも良い成績で、一安心と言った所ですが、性格的なモノなのか?それとも職業柄なのか?終わると同時に、次の事を考えてしまいます。その時は「お~!よかった!!良くやった!」って思うんですが、次の瞬間には「来年はどうなるかな?」とか「この子は、こうなったらもうちょっと良くなるかな・・・」とか「今回出れなかった、コイツをどうしてやろうか??」とか、こんな時だけは想像力は無限に広がります。

でも、ひとつ言えるのは進学校であるにも関わらず、この時期までたくさんの3年生がこの駅伝のために競技を続ける。また当日も、すでに引退した短距離の3年生が応援に来る。非常にいいチームだと思います。

こうした姿勢が、本当の意味で「3年間みんなでやり遂げる」と言う事なのかな・・・と考えたりしました。気持ちを次の代に繋いで行く事。実際の走力は、次の代に繋げる事はできなくても、こうやって繋いで行く事で、また来年も今年以上を目指し、今現在の力では来年は厳しいかな・・・と思っていても、なんかやってくれる。そう言う事なのかなと。

今年はもう一つ。自分が高校生の時とは全く変わったコースをこれまでは車で走って見た事しかなかったんですが、スタート前に実際に2本足で走ってみました。

やはり、車での感覚と実際に走ってみる感覚は全然違うんです。目線や、傾斜の感じ方、気温の変化や風向きなど・・・・それを、知ったからどうって事はないんですが、何も知らないよりはいくらか言葉に説得力が出るような気がしてます。

今年は、女子のコースを走ってみました。来年は・・・男子の折り返し地点から、今回走った女子の折り返し地点までの往復を走れば、全コース走破です。来年その元気があるかは不明ですが、覚えてて元気だったら・・・・やってみますか。

posted by 石井成之 at 20:46| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

11月の予定

すでに、11月も上旬が終わる勢いですが・・・・・一気に、冬がやって参りました。

あす以降の、予定を掲載いたします。今月は、比較的定住しております。が、ご確認をよろしくお願いいたします。急激な気温低下に身体がついて行かないですが、体調には十分お気をつけ下さい。以下に記載があるのが、不在日です。お間違えの無いように。

石井 13(土)講習会の為18:00以降予約可 14(日)錦川清流駅伝出場 20(土)18:00まで予約可 23(火)午前中出張の為14:00以降予約可 24(水)~26(金)合宿帯同 28(日)休み

西橋 9(火)~12(金)合宿帯同 13(土)出張 16(火)休み 20(土)出張 21(日)~22(月)休み 23(火)出張

完全休業日はない予定ですが、また変更はあるかも知れません。ご了承ください。

posted by 石井成之 at 20:16| Comment(0) | 休診日 | 更新情報をチェックする