2014年05月29日

鍼について

えーっとですね。
鍼についての一般論だったり、鍼とはなんたるか?については、わたくしごとき者は語れません。
ようやく、資格をとってから考えると自分のイメージと、やろうとしてる事のギャップが少なくなってきてた程度ですが。

今現在、自分が使ってる鍼についてはいくらか説明ができます。
と、言いますのも......バラエティー番組とかで、メチャクチャ長くてふっとい鍼や、それこそ身体中1分の隙間も無いくらいの大量の鍼を打たれるイメージがあるせいか、世間一般の方に敬遠されがちな鍼治療( ̄0 ̄;)
そのイメージがなくとも、注射だったり、からだに鍼を刺される事に対して精神的な抵抗感があるのは、人として当然だと思います。


「鍼って痛くないんですか?」って、毎度の様に聴かれます。正直言って.....痛くないです!とは、言い切れません。
ただ、皆さんが想像するほど痛くないし、皆さんが思ってる以上にからだの事をわかってるのが鍼灸師だと思います。

20140529_123345

ウチでよく使ってる鍼です。




20140529_123357

他の種類。

どちらも、太さ、長さにはそんなに違いはないですが、感触が違うので使い分けています。




20140529_124256

で、これが鍼の実物。
ウチで使ってるのは、2番、3番と言われる2種類で、太さは0.18mmのものと、0.20mmのもの。ご覧の通りシャーペンの芯と比べてもこれくらい細いんです。

長さは、寸6と言われる、1寸6分。おおよそ5cmです。
最も、5cmも深く入れる事はなく、せいぜい数mmから1cm程度が大半です。

患者さんの状態やニーズ、触った時に感じる感覚で、その都度やるべき事に対してベストと思える方法をチョイスするようにしております。

まあ、また気が向いたら書きますね。

とにかく、そんなにビビらないといかんもんじゃないぜ!を知ってもらいたいなあ…と思っております。


posted by 石井成之 at 22:40| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

トレーニング指導について

当治療院では、トレーニング指導も行っております。
「どんなことするんですか?」と治療に来られた方に聴かれたりする事もあります。

トレーニング指導って言うと、ガンガン追い込んで、メチャクチャきつくて、翌日はバリバリ筋肉痛.......
みたいな、イメージをもたれる方もいらっしゃる事でしょう。まあ、日体大出身だし、確かに故障中のアスリートのリハで追い込むために煽りまくっている所に次の初診の患者さんが来られて「オレはヤバイところに来てしまったんじゃないか((((;゜Д゜)))」って青くなってた事もありますので、そう思われるのもムリはないですが!それは特殊例です(笑)
ウチはあくまでも治療院ですから(^^ゞ

トレーニング指導と言っても、筋力を強化する事が一番の目的ではないので、治療院にある重量物は、重いもので7.5kgの漬物石が2つ。あとは4kgと2kgのダンベルが2つづつ.......全部合計しても、30kgに満たないわけですから少々ウエイトトレーニングをかじった事がある方なら、この重量がどれほど物足りないかわかると思います(^^)
それにも関わらず、トレーニング指導を標榜するのか?と思われてもおかしくないですよね。

簡単に言うと、ウチでやってるのは「力を入れる」「強くする」と言うことではなく「力を出す」「からだの感覚を目覚めさせる」のが目的です。からだの動きかた、使い方。スポーツの技術だったりテクニックの話じゃなくて、本質的な部分の動きかた。
英語で言うなら「チューニング」チューインガムじゃないっすよ!
日本語で言うなら「調律」と言えばいいんでしょうか?


ちょうどいい状態を探して行くような感じ。
ウチはジムやトレーニングセンターじゃなくて、治療屋ですからね(笑)

10のものを11や12にするのが仕事ではなく、本来10あるものの2、とかせいぜい4、6しか使いきれてないのが常人ですから、それを2.5とか6.5にする事のきっかけを
「あれ!オレのからだってこんな事ができるんだ!意外とやるやんオレ!」に気づいてもらうこと。新たな可能性や感覚に気づいてもらうこと。
と言うのが、治療にもトレーニング指導にも共通するコンセプトです。


そのために、道具を使ったり、重りを使ったり、徒手による抵抗を使ったり......

と言う感じで行っております。

治療を受けて、動くと言う事を味わってもらうことで、自分のからだの隅々までつながる感覚を楽しんでもらえると幸いです。

先日来た高校生アスリートも、からだの変化に笑顔になっていただけましたし、実業団選手などのトップアスリートから近所のおばちゃんまで、動けると言うのは、こう言うことか!と感じていただけている様です。

自分自身も、まだまだ修行中ですが、まだまだだよなあ…と思える今でも、随分からだの状態はよくなってる実感があるので、奥行きの深さは底知れませんね。
posted by 石井成之 at 20:00| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

こだわる

今日は雨。と言ったところで......別に雨の話題を書くわけでもないですが(笑)

車通勤時、ラジオを聴いたり、音楽を聴いたりしながら、運転しつつ思いを巡らせる。
歩く、走る、自転車に乗る、車を運転する.......自力で移動する時ってなんなんでしょうね?自分の意思をある程度持って動いてるんだけど、目に入ってくる情報は常に変化しつつ、しかも別に見ようとしていないものだからか、それが関係してるのかも全く裏付けもないですが、なんだかいろんな事をふと感じる場でもあります。

で、今日は.......ラジオにしろ、音楽にしろ、聴きやすい、聴きにくいってあるよな。と。
常に、それは聴きやすいか?と言うと、やはり変化もするしスッと入ってくる時も、そうじゃない時もある。

ラジオパーソナリティーも、アーティストも、個性は必要で、主義主張、カラーって言うものはあるはずだ。それがないと売れないだろうし、それがなければある意味誰でもいいわけで、誰でもいいって言うことは極端な話なくてもいいとも言えるし、俺の歌だっていいわけだ。まあ、歌いはしないけど(^_^;)

飲食店、居酒屋なんかもそうだと思う。
以前も書いたかも知れないが、基本的にはこじんまりとしたカウンターと座敷が1~2程度の、店の人の人となりが感じられるくらいの感じが居心地がいい。
まあ、それは一人呑み基準での感覚だからでしょうが(笑)

でも、どちらにしても思うのは、やりたい事、伝えたい事、雰囲気の自己主張はあっても、ガンガン押してくる感じではない。と言うことかな。

そこが居心地がよい。自分が息ができる。だからスッと入ってくる。


治療も指導もそこだな。と。

数ある治療院、治療家、トレーナーと呼ばれる人の中で「自分」と言うブランドは必要で、選ばれる為の技術は必要です。が、それをガンガン暑苦しく押していくと

どんなに素晴らしいものでも「押し売り」に買わされると、非常に素晴らしく感じないもので(^_^;)

ひとりひとりのニーズに合わせつつ、かと言って言いなりになるではなく、ニーズに沿いつつよりよいものを提案あせていただくこと。
その方向に。



そうすると、今はいい方向に行っているな。
と、最近の治療を振り返ってみると思える。

心身の調和、動きの調和を目指して。
posted by 石井成之 at 16:17| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

今日は日曜ですがやってます

本当に久しぶりの日曜診療です。

不定休の治療院ですが、ここ最近は流れのなかで日曜休みが多くて、もはや日曜にやってた事を自分ですら忘れそうです(笑)

さて、今日はまだ14:00~16:00は空きがあります。

ふと、思い立ったらご連絡くださいませ。
posted by 石井成之 at 09:38| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

ぎっくり腰

今は昔、ぎっくり腰をびっくり腰と思ふものありけり。
と、今昔物語にもあるように..........
えっ!ないっすか( ̄□ ̄;)!!

すいません。それはなにを隠そうわたくしめでございます(^_^;)
そうなんです。実はむかーしむかし びっくり腰だと思ってました(笑)

なんか、めちゃくちゃ痛くて動けなくなる。しかも、いきなり来るなんて聞かされてたわけですから、まあ子供心には「びっくり」がしっくり来たんでしょうね。
びっくりがしっくり!韻踏んでるじゃん!ラッパーになれるかな(笑)
どっちかっつうと.......パッパラパーだな(^_^;)
まあ、それはいいとして、この仕事をはじめてからも、びっくり腰だと思ってたら......うーん、ちょい恥ずかしい(笑)


関係ないですが、勘違いと言えば、ずいぶん前に「接骨院」を「こっせついん」と言い続ける方がいらっしゃいまして

「私、こっせついんは好きじゃないのよ......」と。いや....こっせついんは、そりゃ好きじゃないでしょうよΣ( ̄ロ ̄lll)

すいません。大きく脱線しました。

最近、日中と朝晩、そして日ごとの気温差も激しいせいか、なにやら腰を痛めて来院される患者さんが多いですね。
ちょっと、重たいかなあ…と思いながら寝て、起きたら痛くなっていた。とか、ちょっと痛かったのが仕事で座ってるウチに動けない位痛くなった。とか。多いですね。

5月病と言うものがあったり、やはりこの時期は心身ともに疲れが出てくる時期でもあります。
特に環境が変わった方々は、知らず知らずに緊張して、ちょっと無意識に張りきっていたものが、いつまでもそれは続かないぜ。になってくる時期でもあります。

ぎっくり腰も、無理を続けてきた、心と体の叫びです。
心身の言い分に耳を傾けて、その言葉を代弁できるように。治療家として、そうありたいものです。
posted by 石井成之 at 19:26| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

長距離選手の足底痛

長距離選手で、足底に痛みが出るケースは結構多いですね。
足底アーチの低下、つまり土踏まずなどの本来地面に着かないような構造になっている部分が、疲労などが原因で下がってくる=足の骨の並びが悪くなる。と言う様な事で痛みがでる.......
ずっと、立ってるだけでも自分の体重を支え、さらに歩いたり走ったりすると体重の数倍の力を受け止める足部。かなり大変です。疲れれば、筋力も低下するわな。そしたら、アーチを支えてるのも筋肉の働きもあるのでやっとれんわ!
ってなるんです。
かなり、おおざっぱな言い方で、ずいぶん省略してるので突っ込みどころは多いですが、まあブログで細かい説明をするのも読むのが面倒でしょ(笑)
細かいちゃんとした説明が必要であれば.......治療院へ(^^)


で、大まかにはアーチの低下ですが、アーチが下がる原因、そこに疲労が溜まり易かったり、使いすぎればなると言いますが、使いすぎになるのも筋力の強さだけではなく個人差がかなりあります。
それは、からだがどうやって動いてるか?と言うところが大きく関わって来ます。
過去に足首の捻挫をしていたり、その他にも過去の怪我が原因になっているケースはよく見られます。

今日の選手の場合は.........体幹部の側屈の動きが相当固く、体側部なんかのかたまり具合は相当なものでした。
足底痛の原因のすべてがこれにあてはまるわけではないですが、背骨の動きの機能や、それができればこっちもよくなるんですが肩甲骨や骨盤の連動。これも、かなり一般的な言い方でぼやっとした表現なので、言い回しにはいくらも突っ込み様があるんですが、そんな細かい事はこの際いいんです(笑)
その辺りがきちんと働いてくれない事で、体重移動、重心移動に際して全身を使う事ができず、脚で走って、足で衝撃を受け止めてしまう。

足部に痛みが出るのは、足部が倒れ込んだり、膝が内側に入って来るからと、足首周辺とか股関節周りを強くするトレーニングばかりしていないでしょうか?体幹部を強くしなければと言って、固める様なトレーニングをしていないでしょうか?
もっと、全身全体でうまく力を出す事、支えるのではなく釣り合いをとりつつ動きを止めない事。
それが、うまくできるようになる方が、動ける様になる。支えて安定するからだより、動き続けて釣り合えるからだを目指して、治療→動きづくり ができる様に。
人間は動く事が前提です。動くには耐震構造より免震構造です。

そんな事を、選手の皆さんと共有しながらお互いに高みを目指す治療院であり続けたいものです。
posted by 石井成之 at 23:09| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

【お知らせ】

来週の5月20日火曜日は、宮島口の予定でしたが、十日市町にて診療いたします。
posted by 石井成之 at 19:39| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

ありがとうございました

Image


開業以来、ずっとカルテを保管し続けて来ましたが、
とうとう初期の分、2002年から2007年まで。
それ以降来院が無い方のカルテを、シュレッダーにて裁断。処分させていただきました。


処分する過程で、いろんな方の名前を目にしました。実業団で走っていた選手、高校生時代に部活をがんばっていた彼ら.....
あのおばあちゃんや、単身赴任で来られてたサラリーマンの方など、いろいろ思い出しました。

今なら、もう少しいい治療が提供できるかなあ…

引退やその他、いろいろな理由で今となっては関係の切れてしまった皆様ですが、この膨大な量の方々に支えられて来た12年。
13年目にそう言えば入りましたが、この場を借りまして、あらためてお礼申し上げます。
皆様のお陰で、続けてこれました。そして、皆様のからだを通していくらか成長させていただく事ができました。
ありがとうございます。
皆様お一人お一人に御返しできない分、これからの治療の中で多くの方々に還元して行きたいと思います。

そして、開業以前の学生時代や、勤務時代に関わった皆様にも重ねてお礼申し上げます。

石井はこれからもがんばります。
posted by 石井成之 at 16:35| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

ハムストリングの肉離れ

陸上競技の短距離選手に多く起こるこの怪我。

シーズンインから、徐々に気温も上がり動きのよくなってくるこの時期よく起こるようで、毎年何人か受診される症例のひとつです。
一度やると再発率も割に高いので、治療・トレーニング・復帰 の進め方には神経を使います。
まあ、どう言った症状であれ、当然なんでも神経は使いますが(笑)
言い方は悪いですが、症状はナマモノで、患者さんはイキモノですから同じものはありませんので、神経使います。

前のブログにも書きましたが、この時期の学生の怪我には、時間的な制約(試合までの日数)がかなりタイトな状況になる事も多く、慎重かつ大胆な進め方をせざるを得ない事も多くあります。
学生だけでなくアスリート全般に言える事ですが、教科書的には、医学的には、こうであっても、その通りに進めれない.......と言う事態が生じるものです。

私自身は、治療を進める前に、整形外科を受診してもらうこと。そして、医学的見地からの意見を聴くこと。
時間的な猶予がない事によるリスクがあることを説明した上で対処していくように心がけております。


詳しい治療内容は割愛させていただきますが......文字で伝えることは大変難しく、かつ相当長くなりますので。

冷やすこと・温めること・なるべく早期に動かしはじめること・痛みのコントロールをしながらトレーニングすること・鍼灸マッサージ師なのでもちろん使いますよ その他状況を見つつ適宜選択


と言うのが大体やることです。
いわゆるトレーニングとして、よく言われるハムストリングの強化をほとんどやらないのが変わってると言えば、変わってるかも知れません。ハムのトレーニングはしない......わけではありません。結果として使い方にムリがなくなるのか?結果として強くなるのか?定かではありませんが、この方向で組んでいって再発率が低い実感はあります。
統計は取ってませんが。

筋肉と言うのは、忠実なので意識して個別に鍛えると働きたくなってしまうんです。働きたくって事は縮みたくなってしまうんです。自己主張が強くなるんです。
強ければ肉離れを起こさないわけでも、弱いから肉離れをするわけでもないんです。

と言う感じで進めさせていただいております。
posted by 石井成之 at 16:43| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

寝違い

昨日、久しぶりに寝違えました。

昨日も痛いは痛かったのですが、今朝は車の運転で右を振り返るのがかなりしんどい(>_<)
交通量の多い幹線道路に合流しようとするのに、痛いのなんの........

まずは、自分の頚を何とかせねば。
と言うことで、朝ちょいちょいと。

股関節からの連動を改善しつつ、動いて行ったあとに局所にちょいちょいと鍼を。


これなら、今日一日支障なく、治療ができます。



痛いのは頚だから、と言うことで首の治療。それでもいいんですが、全身はつながって動くのです。
どこが、うまく動けなくて負担をかけているのか?見極めが必要です。

そこを見極めれば、取る手段は鍼でもマッサージなどの手技でも、運動療法でもなんでもいいんです。
あなたが好きな手段を選択してください。
ウチは鍼灸マッサージ院ですから、それを基本的には使います。

からだの全体のバランスなどをみながら、治療、運動指導などをしております。
posted by 石井成之 at 09:49| Comment(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

学生スポーツと怪我

当治療院には、陸上競技を筆頭に比較的多くのスポーツ選手が来院しておりますが、この時期、シーズンインとともに試合で一気に強度が上がったり、気候も良くなり急激に動きがよくなったりで、リミッターが外れる状態と言うか......動けすぎて怪我をすると言うケースが多く見られます。

特に、陸上短距離選手の肉離れで来院と言うケースが多く見られます。
タイトルにもしましたが、この時期の学生スポーツの怪我については本当に心を痛めますね。
大学生にはインカレ、高校生にはインターハイと言う大きな目標に向かうこの時期、競技そのものの集大成としてでもあり、選手の進路やチーム全体の成績、そうしたものに響いて来る。

大会までの時間を逆算しながら、できる事、やるべき事、やってはいけない事、我慢すべき事、本当に一つ一つが大切になって来ます。時間が限られているので、教科書的な知識はもちろん必要ですが、それでは対処できない事がほとんどです。

神様でも、名人でもない私ですから、うまく行った事も、うまく行かなかった事もあります。
ただ、この時期、そこに対してかける彼らの気持ちを汲んで、自分自身も常に全力でできる限りの事をしていく。
それを繰り返して来たこの仕事をはじめてからのおよそ20年.......
今年もその季節がやって来たなと、昨日来た選手を見てあらためて感じました。
posted by 石井成之 at 09:38| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

5月の予定

休診日のお知らせです。

4日(日)
6日(火)
11日(日)
18日(日)
23日(金)
24日(土)

宮島口診療日
13日(火)
20日(火)
27日(火)

また、変更等あれば更新いたします。
今月より、新料金になりましたので、ご注意ください
posted by 石井成之 at 18:42| Comment(0) | 休診日 | 更新情報をチェックする