2015年02月28日

ランナーに多いシンスプリントの治療

「シンスプリント」って言う、これはなんて言えばいいんですかね?
市民ランナーだったり、陸上選手であれば、よく耳にする。そして、これに悩まされている人。悩まされていた人。周りに、悩まされてる人がいる。いろいろだと思いますが、よくみられる症状の一つで、日常的に治療をする機会の多い症例でもあります。

一言で言うなら「ふくらはぎの内側の骨に沿ったあたりが痛くて・・・」って言う症状です。
使い過ぎ・・・、そこに負担が多くかかるから出る症状で、何回も繰り返したり、慢性化することも多く見られますし、疲労骨折にもつながったり、治りが悪いと思っていたら疲労骨折を見過ごしていた・・・と言う事もあったりと。まあ、そんな感じですね。

痛いんだけど走って温まって来たら大丈夫なので・・・とか、痛いんだけど我慢すれば走れるから・・・とか、痛いから休んでたんだけど良くならないので、いつまでも休んでられないと思い・・・・とか

で、結果的にすごく酷くなって治療に来ました。と言われるケースが多いですね。

まあ、ここまで書いたことにまつわる痛みがあるときに、どう医療機関を選ぶべきか?
については、ここでは割愛させていただきます。
ウチの治療院に来るケースでは、病院や接骨院、他の治療院で治療を受けてたけど・・・・と言う方が多いので先に整形外科的な診断は受けたという前提で話を進めさせてもらいます。


どんな治療をするかと言うと、その人によりけりなんですが・・・

蹲踞。
これは、よくやってもらいますし、これでいろいろチェックさせてもらってます。
さみしく、セルフタイマーで撮った写真なのでイマイチのものもありますが(笑)

2015-02-28 11.06.04.jpg

親指側・小指側に均等に体重が乗るか?骨盤を立てて股関節を割ることができるか?そして、真っ直ぐか?
無駄な力が抜けて、息がスムーズにできるか?

2015-02-28 11.06.49.jpg

かかとの上に座る感じですね。

2015-02-28 11.08.12.jpg

股関節と言うか、腰が割れなくて膝が開けないと親指側にかかりやすくなりますし

2015-02-28 11.07.36.jpg

骨盤を立てることができないと、軸は立たないし小指側で支えることになってしまいます。

きちんとできれば、力も抜けますし、いわゆるアライメント、足と膝と股関節の向きもいい感じになります。

これで、なるべく踏んばらず、息を止めないで立つ⇔座るを繰り返す・・・
ちなみに立った時は、足裏の親指の付け根あたり・小指の付け根あたり・踵のど真ん中 の3点が均等に着いていること。つま先と膝が同じ向きが条件です。

意外と簡単そうに見えて、きちんとやるのは難しい・・・

これが、できるように導くのが治療の道筋でもあり、リハビリでもあります。

シンスプリントでお悩みの方、お試しください。

うまくできなければ・・・その時は、ご相談にのりますよ(笑)



posted by 石井成之 at 12:18| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

3月の予定【休診日】

3月ですが、中旬まで合宿帯同がありますので、不在日が多くなっております。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

休診日
3日(火)
7日(土)~10日(火) 合宿帯同のため不在
13日(金)
14日(土)~21日(土) 合宿帯同のため不在
22日(日)
29日(日)


※合宿時でも、電話はつながりますので、ご予約ご相談などございましたらご連絡ください。
posted by 石井成之 at 17:23| Comment(0) | 休診日 | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

季節の変わり目

先日、広島でも「春一番」が吹いたというニュースが出ておりました。
春はすぐそこに近づいて来ております。

この時期「三寒四温」と言いますか、気温の変動・気候の変化、大きいですね。
気圧の変化、一日の中でも、日ごとでもそれだけ大きいと言う事なんでしょう。人間も、地球上で生活している以上は、そうした影響を受けますし、外の環境の変化に、内の環境が着いていけないと、非常に体調を崩しやすいです。

冬から春、陰から陽に変化していくこの時期、最近は以前よりも気候の急激な変化があったり、空調などで、からだ自体が環境に合わせていく機能そのものも、以前より低下している様です。

そうした、環境の変化に合わせていきやすい様に・・・・調整していくのは、鍼・灸・マッサージの得意分野です。

この時期、不調の改善もですが、実際に不調が現れる前に先回りして施術を受けられてはいかがでしょうか?

また、花粉症の改善にもなかなか威力を発揮します。
鍼・灸・マッサージで症状の改善と、体質の改善。新年度に向けて、体調を整えてみられてはいかがでしょうか?

posted by 石井成之 at 17:24| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

ビンボーくささ解消?

治療スペースのベッドの上にある蛍光灯。
患者さんにとっては眩しいし、治療する側としても、明るいと落ち着かないので撤去しました。

その記事がこちら

で、やっぱりこう.....ビンボーくさいし、雰囲気がくらーいんですよねえ

2015-01-23 10.42.58.jpg

落ち着くんだけども、どんよりした感じ。

なんか、いい方法ないかなあ…

と、いろいろ考えた結果

2015-02-22 15.40.53.jpg

天井から、布吊ってやりました(^^)

これなら、いくらかどんより感も、何よりビンボーくささが消えた気がします

自画自賛ですが、休診日にいい仕事しました(^o^)

これなら、蛍光灯入れてもいいのかなあ…光量の程度をこれからまた、いろいろ考える日々のはじまりですね(笑)
ある意味、これも環境の改善。工夫はどこまで行っても終わらないっすね。

ざまあみやがれ(笑)
これで、ケチでもビンボーでもないんだよ(^^)って胸張って言えますな(笑)

posted by 石井成之 at 15:57| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

姿勢を正すことの意味

昨日、2年ぶりだったでしょうか?久しぶりに、県体協関連の仕事で、中高生の指導をさせてもらう機会がありました。
限られた時間、限られた条件の中で、できる限りの事をしてきた。と言う感じです。

大半が、重篤ではないけども「痛い」と言う症状を訴えるケース。
で、
例えば腰が痛いとかで「腰が痛いので、ストレッチを教えてください」とか「教えてやってください」と言う感じで言われる事が多かったんですが・・・・・


腰が痛いからと言って、やる事はみんな同じか?と言えば、そんな事はなく。
何をしたら痛いのか?どう言う種目で、どんな動きをする事が多いのか?
腰が痛い。その動きで、腰に痛みが出るのはあくまで結果として、そこに負担がかかったり、そこで一生懸命に踏んばるから出るもので・・・


数分で、その指導をしてください。そして、やり方だけでなく、実感してもらうには・・・・

けっこう大変でした(・_・;)

腰痛にしろ、肩痛にしろ・・・・結果に対してどうする?ではなく、このからだだから、こういう痛みが出る。
どこが変わったら、痛みが出にくくなるか?そして、そうすることで、競技にプラスになる部分は?


って、所を考えながらやるので「膝のテーピング教えてください」とか「ストレッチはどうやれば・・・?」って言うリクエストには、残念ながらそのまんまをそのまんま、答える事はできません(笑)!
だって、それやったって、そこに痛みが出るように、出るように動いてる。力を入れて踏んばりまくってる。って
事に気づいて、そこを変えなきゃ、どうせ同じことなんだから・・・・

今回診た中高生だけでなく、治療院に来られる方も全般にそうですが
「痛くなる人は、痛くなるように動いてます」

いやいや!痛いんだから、負担かけないように動いてますよ!って言う、反論はよく受けますが、痛いから負担が少なくなるように、力を入れて・・・・

だから、痛いんですよ!って話なんですが(笑)

ともかく、今回も普段治療院でやってる「息を通す」「力を抜く」「息を止めないで同じリズムで動く」って言う事だけです。やったのは。
けっこう、姿勢もよくなりますし、痛みも減りますし、何よりも動きやすくなります。


「いい姿勢」は、何のために必要で、それが「いい姿勢」なのか?
「いい姿勢」をキープするのに、○○に力を入れて・・・・って・・・おいおい。それじゃ、動けないでしょ(笑)
部分部分でやってくと、全体に結びつけたときに完全に破たんするし・・・

「いい姿勢」になるには、無駄な力を全部抜くことです(^^)/

だから「いい姿勢」が大事だし、その為に何をやるか?
補強と言う言い方でも、エクササイズでも、トレーニングでも、動きづくりでも・・・

どう言う言い方をしてもいいんですが。まずは、そこからだと思っております。

限られた時間と、条件の中で、どれだけ本当の意味で「腑に落ちる」「視点を変える」事ができたかどうか・・・・

指導者の先生の中には、非常に興味と実感を持ってくださった方もいらっしゃいましたが。

さて、これがつながってひろがってくるやら?どうやら....(笑)??
posted by 石井成之 at 11:06| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

第4回 心体義塾in広島 2日目

いろいろあって、気づけば終わって1週間(^_^;)
もっと、早くに書くつもりでしたが.......旬も過ぎたし、ここはもう......

とも思ったんですが、書かにゃスッキリしないし、寝かしてから書くのもまた切り口が変わっていいかなあ


とか......(笑)
そんな小理屈はいいとしてですね(^^)



さて、2日目は
2015-02-08 15.48.57.jpg

講義あり

2015-02-08 11.28.48.jpg

2015-02-08 11.59.25.jpg

実技あり

2015-02-08 10.22.38.jpg

厳しい先生なので、講義は正座で.......
と言うのは嘘で、この正座も実技の一部です(笑)

2015-02-08 11.00.16.jpg
ヤンキーがいっぱい現れたり(笑)

向き合って動いてみたり
2015-02-08 11.01.49.jpg
2015-02-08 11.02.50.jpg
親交を深めてるわけではありません(^^)



立ったり

2015-02-08 11.28.48.jpg

2015-02-08 15.38.09.jpg

しゃがんだり

2015-02-08 15.33.41.jpg

歩いたり

2015-02-08 15.10.57.jpg

怪しいお祈りではありません(笑)

2015-02-08 11.55.29.jpg

お腹押したり

2015-02-08 11.59.13.jpg

2015-02-09 12.10.50.jpg

皆さま、ご参加ありがとうございました!

セミナーで、よく先生が言われるのは
「このセミナーは、材料を渡すだけです。どう使うか、どう料理するかは皆さん方次第」
「メモを取ってもらってもいいけど、多分明日になって見てみたら、ほとんどなんの事やら解らないと思います」
「頭に残ってるもの、理屈でわかってるものは大して使えない。肚に残ってるもの、の方が役に立つ」
とか言うような事です。

実際、そうだと思います。目新しい事は、4回の中でないと言えばない。
ただ、その都度、感じ方や、反応は変わって来てます。深まりは、感じる.....

次回は6月です!


posted by 石井成之 at 17:40| Comment(0) | 心体義塾 | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

第4回心体義塾in広島  無事終了いたしました!

一昨日、昨日と2日間に渡って、治療院を会場に

恩師である、内田真弘先生を講師に迎えての「心体義塾in広島」
4回目を迎えました!

じわじわと、人気も高まり

一日目は
2015-02-07 19.36.30.jpg
15名。

二日目は
2015-02-09 12.10.50.jpg
19名の方に参加していただけました。


初日は、内田先生の個人セッションにはじまり
2015-02-08 11.59.13.jpg

※ 個人セッション中の写真はないので、この写真は2日目のセミナーのもので、イメージです

そのあと、短時間に濃縮して
「動く感じる」を中心とした、少しハードな内容の充実した90分。
2015-02-07 18.21.16.jpg
やることは、至って単純。
立つ・しゃがむ・飛ぶ・歩く・・・・
非常にシンプルですが
2015-02-07 18.55.26.jpg
2015-02-07 18.59.14.jpg

ただし
「息を止めない」「ゆっくりだけど、動きを止めない」「力まない」「頭の一点と、尾骨の一点を常に真っ直ぐに保つ」

2015-02-07 19.10.59.jpg
2015-02-07 18.33.32.jpg
と言う条件が入ると、途端に、真っ直ぐ立つ事。息をし続ける事。がどれほど難しいか・・・・
2015-02-07 19.14.01.jpg
2015-02-07 19.05.32.jpg
「力を抜いて!」と、よく言いますが・・・
どれだけ普段何気なくやっている動作の中で「ムダな力」を入れ続けているか・・・
どれだけ、日常生活の中で息を止めたり、吐けなくなってる事が多いか・・・

に気づかされます。


2015-02-07 19.20.41.jpg
2015-02-07 19.25.31.jpg

2015-02-07 19.28.35.jpg
2015-02-07 19.28.48.jpg
2015-02-07 19.28.40.jpg

一日目は、こんな感じで
自分のからだや、動き、息の通りが変わってくることを実感しつつ・・・

楽しくもハードで、みなさん口数が減っていきましたが・・・
2015-02-09 12.59.24.jpg
夜は、みんな元気でした(笑)

そんな一日目でした。

自分自身で実践しつつ、今後の治療・指導の中で皆様に還元してまいります。

「わかる」ことと「できる」こと
これは、まるで別物です。

1日目は、とにかく「動く」と言うリアルを通じて「動く⇔気づく」を感じる1日でした。

そして.....リアリティとして、これまでになった事のない場所が筋肉痛になっております(^_^;)

二日目につきましては、また・・・


posted by 石井成之 at 13:06| Comment(0) | 心体義塾 | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

ホームページの閉鎖と移行について【事前告知】

このブログしか、もはや機能していない治療院のホームページ(http://www4.ocn.ne.jp/~hari141/)
ですが

プロバイダーのサポート終了に伴いまして2月28日で閉鎖となります。

新たなものにつきましては、作成中ではございますが、何分エンジンがかかるまでに時間がかかる性分ですので、当面はこのブログのみとなる予定です。

治療院のホームページをブックマークしてくださっておられる、貴重な方がいらっしゃいましたら、今のうちにこのブログにブックマークを変更していただければ。と思います。

と、言うことで3月以降からも、ブログの更新はちょいちょい続いて行きますので、こちらは引き続きよろしくお願いいたしますm(__)m

posted by 石井成之 at 06:27| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

無謀なチャレンジ パート1 ハーフマラソン走ってきました

昨日、ハーフマラソン走ってきました。当初は、3週間後のフルマラソンに向けてのペースチェック。と言う目的でエントリーした大会です。
過去数度のマラソン、いずれも予定よりも速いペースで入ってしまい。身体的には、まったく無理のないペースなのでそのまま行ってしまうんですが、後半脚が持たなくて失速。
を、繰り返してきただけに、
今回は「突っ込まないマラソン」をテーマに、そして練習をしっかりやると、やはり欲が出て行ってしまうのが明白なので、あえて練習不足で挑むマラソン。

と言う位置づけです(笑)

この時点で、少々おかしい人なんですが、もうひとつテーマがありまして。
それは
今取り組んでる「からだの使い方・息の仕方」を使って走るマラソン。
です。

マニアックな取り組みにわくわくするのは、多分自己満足以外の何物でもないのですが

で、これは予定以上に走ってないのですが・・・・12月、1月を合わせて10日くらいしか走れず・・・・
いかに言うても、これはちょっとやりすぎでしょう

果たして、完走できるのか?俺・・・・

てなワケで、昨日のハーフマラソンでございます。

練習もできてなければ、記録を狙うでもない。
とにかく「ゆっくり走る事。周りに乗せられて、レースに参加してしまわないこと」
大会に出る人とは思えないようなテーマを掲げて・・・

1km5分よりゆったりでいいんだから!!と自分に言い聞かせて(笑)

走り始めに、よく足底に痛みが出て、一度そこを通り抜けると楽になる傾向にあるので、痛みを出して抜く作業のためにウォーミングアップとしてちょっとだけjog。
その後は、
怪しく壁に向かって、いつものヤツ。
背中側(伸筋側ですね)を活性化するエクササイズ。
立ち姿勢と息の通り、ジャンプと息の抜け
そんなところを確認してスタートラインへ(^.^)
過去にない、レースプランなので、どのあたりに並んだもんか・・・と思いつつ、中団くらいに。


でも、それがきっと、間違いの始まりだったワケで・・・・(北の国から)


スタートして、ちょっとこの流れだと速いんだけど、ゆったり気味だし、まあいいか。数キロで、落ち着かせれば。どうせ、4分30とか、40くらいでしょ。
と、思っていたら・・・・

4分08秒

あ~・・・・やっちゃったなあ(・_・;)
でも、からだの動きはいいしなあ・・・・少し抑え目にして、からだと対話して行ってみるか!
どの道、このペースでは持たんし、かと言って、いきなり落としてもリズムが狂うし・・・

って事で、自分の「息」が吐けてるか?をテーマにそこから走っていく事に。
少しきつくなってきた時に、息を感じると、やはり吐けてない。喉だけで「ハッハ」やってる。
犬が、舌出してやってるのと一緒。
で、少ししっかり吐く。苦しくない程度に・・・リズムを崩さない程度に・・・
少し淡が出る。ああ、なるほど!熱がこもってるってこう言う事か・・・(笑)

そうすると、再びきつさがなくなり、ペースを維持するのが楽になる。
背中で走る
と言う、感覚がつかみやすくなる。
って、言うのを繰り返しながら、15km通過。

65分・・・
こんなに、楽にこのペースで来れるとは思ってなかったが、さすがに、脚に来たな
と・・・・13kmくらいから、息を吐いてはいて、なんとか凌いできたけど、さすがにちょっと練習不足は否めない(+o+)

でも、どうにかこうにか・・・4分30秒台で、持ちこたえてきましたが・・・・

17kmくらいから、ほんとに膝が崩れそうなくらい脚がやられてきて、手も痺れて来て・・・
ゆっくり走るからって、風よけに半袖のピステ着てるし

汗かいてないから給水いらねえやって思ってたけど、日が照ってるし、風もあるし湿度低いから、実は結構水分持ってかれてるんだな

って、冷静に分析してるけど・・・・もはや手遅れだね(・_・;)
呼吸がきついとか、からだがバラバラとかは全然ないけど、これは、動かない(>_<)

そこからの3kmは、もう完全にジョギング以下
16km、17kmあたりで大まかに予想したゴールタイムより、軽く7分近く失速して、息も絶え絶えにゴール。
1時間41分26秒・・・
1時間45分36秒より遅く、余裕を持ってゴールする

のが狙いだったんですが・・・
予定より早く、しかし、後半失速すると言う課題を克服できないままに終わりました(笑)

そして、一晩たって今朝。
筋肉痛など、からだの状態で、前日の刺激の入り具合をチェックするのですが、これも筋肉痛が出てる所が、ちゃんと使えたところ。って言うだけではなく
筋肉痛でも、どう言うタイプか?筋肉に出た張りや、からだ全体の疲れ具合・・・
熱をもってたり、むくみ感があったり・・・
吊る感じだったり、ガチガチで動かない感じだったり・・・
動けるけど、筋肉痛だったり・・・
左右の対称さはどうか?来て欲しいところに来てて、かつ動きは悪くないか?


力を出すことに使えてるのか?
支えるのに使ったのか?
ブレーキ動作に使われてたのか?
はたまた、ずっとonになり続けてたのか?

走ってた時に感じていた動きと、筋肉痛などの出方がちゃんと重なって
、筋肉痛の痛みでやりにくい動きはあっても、からだ全体は固くなってないか?


そこが、わりといい感じなので、トータルで考えると、いいかな・・・と思っております。


マメもできてないし
練習不足はともかく、取り組んできてる、からだの使い方に関する方向性は間違っていない。

と言う手ごたえと、完全なる走行距離の不足と言う不安感と・・・
そんな事を感じております。
posted by 石井成之 at 13:01| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする