2015年06月27日

アキレス腱痛

先日、ほぼ1年ぶりにいっらっしゃった患者さん。
アキレス腱痛でした。3ヵ月くらい痛みが続いていて走れない.....
と言うことでした。

もちろん、3ヵ月放置していたわけではなく、治療も受けてたそうで、まあ....それこそ鍼治療とかですね....(^_^;)

って....あれ?お前のとこも鍼灸治療院じゃん!って思われたかも知れませんが。
そこが、この鍼灸業界のいいところでもあり、困ったところでもあるんですが、A鍼灸院と、B鍼灸院では、まるで違う治療をするかも知れない。と言うもので(>_<)
ラーメン屋とかみたいなもんですかねえ....味噌ラーメンも、豚骨ラーメンもラーメンであり、細麺でも太麺でも、麺が縮れてても縮れてなくてもラーメンみたいな....
例えは悪いかも知れませんが(^_^;)

治療させていただきましたが、腱は確かに塊があり、ボコッと膨らんだところがあり。ですが、熱感はなく、触った感じは全体に冷えと、あとは全身が浮腫んだ様な感じで、聞けば体が重だるい感じがある様でした。

痛みはアキレス腱に出てますが、そこに負担が集中したり、そこで踏ん張ると言う原因が何かあるわけで....
どんなやり方の治療を受けてるかはともかく、少なからずアキレス腱そのものの治療はしてるワケですし、じゃあ、そこ以外のとこから攻めてみましょうよ。と。

そうじゃなくても、基本的にウチでは全体でみつつ治療を進めて行くので、どっちにしても、今回の場合はそうしたでしょうが....

細かい事は割愛しますが(秘密なわけではなく、長くなるし、まとまらないからです。それに、実際にからだの変化を通じて実感してもらうのが一番ですし、それがないと文字では伝わらない事も多いので....)
上半身がガチガチで、衝撃がモロに末端にかかりやすいし、うまく動きが繋がらないので、結果的に末端で動こうとする。
奥さんが、出産を控えてる事もあり、落ち着かない感じもあったり「踏ん張らねば!」と言う気持ちも潜在的にはあるのかなあ…と。

そんな事を思いながら、治療を進めてみました。

1回目で、痛みはあらかた消えて、全身の重ダルさ、浮腫みは消失。
2回目で、アキレス腱の塊もほぼなくなって来ました。
これで、実際に走ってみてどうなるか?ですが....

ここからは、末端で踏ん張らないと言うか、息を通して、からだ全体で動く。をいろんな動きを通してやってもらう。と言う風に考えております。

これも、あくまで一例であって、全てのアキレス腱痛がこれでよくなると言うことでもありません。
ただ、なかなか取れない痛みでお悩みの時に、ちょっと見方を変えてアプローチしてみる事もありかなあ。と。


posted by 石井成之 at 18:42| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

今日は雨

雨と言うことで、今朝は早めに家を出て、渋滞する車の中で交通情報が流れて来まして....

「一貫田交差点で○km渋滞中....」と言う情報。

よく渋滞するよねえ、一貫田交差点。(自分は、通らないんで関係ないんですが.....)
と、思いつつ

一貫田に限らず、よく渋滞するところはあるよねえ…

今、この辺りから詰まり気味だけど、果たして今日は何時に着けるかなあ…
などと考えてたときに



ふと


一貫田....いっかんだ....いっかんだー.....いかんだー.....イカンガー!!


と浮かんだ~........Σ( ̄ロ ̄lll)

1986_photo.jpg

ちなみに、イカンガーはタンザニアで、ウガンダではありません。


そんなわけで、イカンガーが頭から離れなくなってしまいました( ゜o゜)

一貫田は広島ローカルネタ.....
イカンガーは、世代限定ネタ.....

広島にお住まいの方は、これでもう一貫田と聞けば、自動的にイカンガーが連想される病気にかかってしまいます(笑)

と言うわけで、どうでもいいんですが、イカンガーの様に積極的に1日がんばるか!
と、無理矢理まとめておきます。

雨の1日。皆様、お気をつけてお過ごしくださいm(__)m
posted by 石井成之 at 08:36| Comment(0) | どうでもいい話 | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

7月の予定【休診日】

まもなく7月ですね。
6月も、合宿などで不在日が多めでしたが、7月も少々???多めです(^^;)

ご迷惑をおかけいたしますが、予定をご確認の上、ご予約よろしくお願いいたしますm(__)m

休診日
7月1日(水)~4日(土)合宿帯同のため
7月12日(日)休診
7月19日(日)~24日(金)合宿帯同のため
7月26日(日)休診
7月30日(木)~8月8日(土)合宿帯同のため

午前のみ診療
7月5日(日)
7月18日(土)

宮島口診療予定日
7月14日(火)午前
7月28日(火)午前
※その他の日につきましては、ご予約の際にご相談ください。宮島口での診療が可能な時間にて調整させていただきます。
posted by 石井成之 at 10:51| Comment(0) | 休診日 | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

中国高校総体にて、いろいろ感じた事

6月16日から、実業団チームの合宿に帯同しておりました。その合宿先から、中国高校総体の会場まで車で30分程度。
と言う事で、合宿終了後そのまま、完全にプライベートな立場で、治療院に来てる選手のサポートに行ってきました。
当初、土曜だけちょこっと顔だして帰るつもりが、奇跡的に寝床が確保できたので日曜まで滞在しました。


数年前までは、状態は悪くなく、直前のコンディショニングで治療院を訪れる高校生も多かったんですが、今は「治療するところ」のイメージが浸透してしまったのか、状態のよくない選手が来るケースが多く.....実際に、会場に足を運ばない時でも「無事に終われたかな?」とか思うことが多々あります。

また、これもここ数年の傾向ですが、勝ち抜き方式のインターハイ路線でウチに来る選手の多くが、勝ち抜いて次に進む当落線上あたり....と言うのが多くて、いろんな意味で本気にさせてもらえる事が多くあります。

このギリギリ感のあるヤツは、結構仕事としては好きで、いろんなアイディアが出てくるきっかけでもあります。

今回も、なかなか好転しないと言うことで、治療院に来た選手の治療を通じて「これはどうだろ?」と思いついたヤツは、結構ハマって
実際に、その動き自体がよかったのか?それによって選手本人が思ったより動けた!と言う、部分でひとつの壁を抜けれた部分も大きかったのかな?と感じてます。
実際に指導されてる先生との連絡もスムーズにできつつ、アイディアのイメージ・目的が共有できた事も大きかったと思います。

こればっかりは、マニュアルもなければ、この時はこの方法と言う、How tooではない、生身の人間をみて・接すると言う中でしか出てこないものですね....それによって、成功例の引出しは増えますが、そこに固執すると、アイディアが出てこなくなると言うところもあります。

そして....もちろんですが、うまく行くことばかりではない。そう言う時には、所謂教科書通りの方法を選択する。と言うのが、最も失敗しないです。そのあたりは、使い分けと言うか...ライブですね....
話がずれましたが、まあそんな選手が来てたりしてます。

一応、治療院のブログなので、宣伝させてもらうと....コンディショニング、結構得意分野ですが(笑)


そして....こう言う仕事・立場の常として、関わってるすべての選手が望んだ結果を手にする事はなく。同じレースで、明暗を分けるケースも毎度々あり.....
そう言う時に、その場にいるといたたまれない気持ちになり、数日間メンタルに不調をきたすので、早々に会場をあとにするのです(>_<)

今回は、完全にプライベートで、選手や先生との繋がりと、ちょうど近くにいたから。と言うことで行かせてもらいましたが....
いつもは、自分も飯の種ですからできませんが....


でもやっぱり、この大会でトレーナーとして仕事するのは、数々あるなかで一番好きな仕事かも知れません。
ある意味仕事じゃなくても、やりたい仕事ですね(^^)
学生トレーナー時代から、数多くの喜怒哀楽を味わって来た大会でもありますし、ライブ感と言うか、本気度が最も伝わって来る大会でもあります。
これより、上の大会でそれを味わうのは、そう言う選手に巡りあう事がないとないですし、大会の時だけ関わってる立場でなく、普段から治療しててって言うことになると、やっぱり、何年に一回の話ですね。
そんなわけで、この大会の独特の緊張感は血が騒ぐ。トレーナーとしての、直感と知恵をフル動員させられるんです。


去年の中国総体もそうでしたが、ゼニカネの大小は関係なく
「勝負したいから、力を貸して欲しい」と言うような流れになった時、本気の舞台には足を運んじゃうなあ…と。
元々が、そこが自分が今の世界で仕事してる原点だし、そこで築いてきた関係なので....やっぱり、ここからは離れられない様です(^^)
「頼まれれば、越後から餅つきに」ではないですが、そう言う思いです。

これからも、そうやって必要とされる人間でありたいと思います。
もちろん、いなければいないで済む立場でもありますが.....(笑)


posted by 石井成之 at 10:00| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

6月の休診日の変更

合宿の予定に変更がありましたので、それに伴い、休診日の変更があります。

6月29日~7月4日→7月1日~7月4日

になりましたので

6月29日、30日は通常通り、治療院にて仕事します。
よろしくお願いいたしますm(__)m
posted by 石井成之 at 09:23| Comment(0) | 休診日 | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

「710立派な....平城京」

平城京の話でもなんでもないんですが.....

2011-01-06 12.39.06.jpg


2011-01-06 12.42.23.jpg

合宿先の、宿舎近くの神社の杉木。

樹齢1300年って( ̄0 ̄;)

2011-01-06 12.39.06.jpg

めちゃくちゃ存在感あります。

よくわからんですが、和歌を詠んだり、蹴鞠なんぞをしておられたあの頃ですよね。1300年前。
人間様には、想像もつかない、変化の流れをいき長らえておられるわけで....

自分なんてせいぜい、電話がダイヤル式からプッシュホンになり、今やスマホだぜ....とか
テレビも昔はリモコンなんてなかったぜ....とか
そんなもんですが、1300年。スゲーな。としか言いようがない。

なんか、時間の概念が大きくねじ曲げられるような、そんな感覚です。
タイムマシンはなくとも、いろんな時代に思いをはせる事はできるんだなあ…とふと思いました。

高々、死ぬまでに生きる長さは数十年か。知らん事、わからん事の方が遥かに多いまま人生は終わるわけですな。
で、あれば....興味を持ったこと、やりたい事、やっとかんと損だね。

って事で、まずはトイレに....


って



そう言う事じゃない(^^ゞ?

平安の世。まるで想像もつかん。面白いもんです。
posted by 石井成之 at 22:51| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

本日から合宿につき......

本日から、実業団の陸上競技部の合宿にサポートで帯同しますので治療院は休診となります。

また、こんがり日焼けして戻るので「あの人は、治療院を閉めてどっかに遊びに行ってる.....」と言う疑いを持ってる方もいるかも知れませんが、いたってまじめに働いております(^_^;)

次の診療日は22日月曜日からになります。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願いいたしますm(__)m

なお、電話は転送にしてありますので、ご予約やご相談などありましたらご連絡くださいませ。
posted by 石井成之 at 09:37| Comment(0) | 休診日 | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

【第5回心体義塾in広島】セミナー終了

一昨日・昨日と、治療院にて「第5回心体義塾in広島」開催いたしました!

講師はおなじみの?内田先生
↓ 内田先生のブログはこちら。
http://ameblo.jp/testosteron-iron77/

DSC_0602.jpg

おなじみなのは、セミナー参加者にだけですか(^^;)?
そうですね。まあ、ザックリ言うと、自分の専門学校時代の恩師です。
と言っても、内田先生いわく
「卒業してセミナーをやった時に、なんでお前がいるの?」って思った(笑)
と、事あるごとに言われるように、学生時代に先生の授業では気を消してました・・・

と言うかですね。専門学校自体で気を消してました。どころか、実際に身を消してたこともしばしば(笑)
って書くと、すげーふまじめな学生だった様に思われるかも知れませんが・・・・
否定はできません。言い方は悪いですが、学校は資格を取るために受験資格をもらうところ。
資格を取ってからどうするか?何をしたいか?のための実学を学外でやっておりましたので、学校は出席ギリギリ・・・どころか、毎年補習でした(^^;)
ただ、それだけ学校に行かないでやってるわけですから、少なくともテストはきちんと点を取る。授業での課題もきちんとやる。と言うのは心がけておりました。そうしないと、堂々とトレーナーとして合宿や試合に行って学校を休むなんてできないですから。
話は大きく脱線しましたが、そんな自分が卒業して何年も経って、年に数回、自分自身が先生の話を聴きたし、体感したいのもあるし、多くの方々にも聴いてほしいし、体感してほしい・・・と思って、こんな事を始めるわけですから、まあわからないもんですね(笑)


と、自分の過去の黒い話題は置いておくとして・・・

FB_IMG_1434287918706.jpg

開始早々に踏みつけられ、上でスクワットされる事からはじまり・・・自然に笑いがでてしまいましたが、それは自分がドMだから・・・と言う事ではありません(>_<)
まあ、セミナーを受けた方ならなんとなく笑ってしまう気持ちもわかるかと思いますが・・・

DSC_0645.jpg

DSC_0642.jpg

四股立ちや正座など、基本動作は今回もしっかりと・・・
ずいぶん前よりは、いい立ち方ができるようになってきたと思っていましたが、簡単に転がされましたし「あっ!息止まっとるわ・・・・Σ(゚Д゚)」と気づかされ。
ひとり稽古は基本ですが、ひとりでは気づけないものが、こうやって他人とやると気づけるものです。

DSC_0605.jpg

かかとを浮かさず立つだったり・・・背筋を伸ばして息を通す。力で耐えようとすると、支えてる側は実はすごく楽です。

DSC_0630.jpg

息の誘導で、起きあがりの感覚も変わります。

DSC_0629.jpg

詰まりをたたき出す・・・・

DSC_0601.jpg

座学もあり。

DSC_0648.jpg

皆様、お疲れさまでした!また次回をお楽しみに・・・・

posted by 石井成之 at 18:42| Comment(0) | 心体義塾 | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

対価をいただく

今朝、肩頚辺りが痛いと言う母の症状を、ちょいといじること1、2分。
随分楽になったと言うことですが.....まあ、これじゃお金もらえないわな(笑)

実の母だから。と言うことではなく、誰に対してやっても、仮に5分とか10分でもですが、これでは症状が緩和されて、そのままいい状態が続くにしろ、お金はもらえないレベルです。

って....思ってる自分に気がついて
「結局のところ、自分の仕事は職人的なものなのか?あるいはサービス業なのか?」と。

今朝の場合や、5分10分くらい、なんかの機会で人のからだをみるのは、言ってみれば「子供の肩叩き」と変わらない。ちょっと技術や知識があって的を外さないだけであって、本質はそれと変わらない。


と言うことは.....

自分が、仕事としてやって対価を支払ってもらう。気持ちよく払っていただき、気持ちよく受け取れる。
その基準はなんなんだろうか?

こう考えると、症状の緩和だけではない。が、症状の緩和は常に強く求めている部分で、思ったほどうまく行かなかった時にいただくのは気がひける時もある。

ふと、自分が一番大事にしてる基準はこの部分だ!と思ってたけど、実はそこではない何かが、自分の一番大事な価値観として隠れてる....
そんな事を感じた出来事でした。

さて、それはなんなのか?
多分、会心のくっだらねえ話が、患者さん相手に炸裂した時か!(^^)
と言う、患者さんにとっては甚だ迷惑な、金返せレベルの話ではないことは間違いないですが.....

それはなにかを、肚に問うてみる

しばらく宿題です。
posted by 石井成之 at 07:48| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

6.7.8月の合宿予定【6月19日改訂】

きちんとした、7月・8月の予定はまた後日出しますが、6月~8月にかけて、陸上競技の実業団関係の合宿サポートが多くっており、治療院不在が多くありますので、そちらの予定だけでも、まとめて先に出しておきます。

6月
5月31日~6月5日
6月16日~6月20日


7月
7月1日~7月4日
7月19日~7月24日
7月30日~8月8日

8月
7月30日~8月8日
8月11日~8月16日
8月23日~8月27日



と言った状況です。

広島にいる時には、治療院の仕事に全力投球でやってまいります。大変、不在時が多くご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
posted by 石井成之 at 16:44| Comment(0) | 休診日 | 更新情報をチェックする

名人だからって言うことではなく、そう言うものなんだと....それはやっぱり適当にやってんのか(笑)

「適当にやってるんですか?」と・・・・

昨日、一昨日と遠方からセット治療に訪れた高校生の一言(笑)

彼を連れてきた先生が、現役時代に国体とかで診てたツテもあり、1週間前に脚を痛めたと言う事でやってきてくれました。

で、冒頭の話ですが・・・・
不安に思ったって事ではなく、なにやら鍼治療に興味を持ったようで、ベッドサイドの「経絡・経穴図」のポスターを見て
「ここに打ってるんですか??」と聞くもので(^^;)

大まかにはそうだけど、必ずしもそうじゃないし、俺が治療するのと、別の仮にBさんが治療したら、全然違うところに打つかも知れない。
でも、同じように効果が出る事があり、そして俺がBさんに聞いて、同じとこに打ったとしても、それだけを真似しただけでは効かない事もある・・・と言う様な説明をしたところ、そう言う答えが返ってきました(^^)

料理人が、料理を作る時に、きちんと材料をその都度計量してつくったら、毎回同じ味になるわけではない。
恐らく、微妙なさじ加減やなんかは、その都度目分量でやってるんだと思う。
経験や、感性の部分がそこにはあるはずで、この場合にはこうする・・・は、自分の中にはセオリーがあるとしても、上手に説明できない事はきっとあると思うんだよねえ。
って、言うのと同じような事かなあ・・・・

と、言う・・・・
なんとなくなたとえ話で「なるほど!」と納得してもらえました(笑)

うまく逃げたな~(^^)!と思った方もいらっしゃるかも知れませんが、人間も食材も「生き物」「ナマモノ」です。常に同じなんてありえないし、自分自身も常に同じ状態ではないので、これまでの事から言うと
「このやり方、この考え方で間違いない!この方向で俺は行くんだ!!」

って決めてしまってやってる時は、段々うまく行かなくなる。
毎日、ある意味出たとこ勝負で、その日その日で、自分がうまくフィットする感じをつかむ様にしてる時の方が、いろんな意味でいい様です。
そうは言っても、もちろん前回やった事や、それで出た変化。ここまでの経緯なんかはちゃんと参考にしますが(^^;)


そんなこんなですが、今回の治療では鍼ももちろんですが

どっちかって言うと「部分部分を意識して動かしてしまう」「理屈がわからないと気持ち悪い」「出された課題に対しても、その意味を考えてしまう」「二つの動きを比較したときの何が違うのか?を理解して分析しようとしてしまう」と言う。
それの何が悪いんでしょうか??と、思う方も多いかと思われますが・・・・
「それが、ケガの原因です」って感じだったので、ゴツゴツしないように転がってもらったり、跳んでもらったり・・・・で、きっと知らないうちに、動かせないと思ってた関節可動域まで勝手に動いてるはずなんですよね、痛みなく。

なにか、ヒントを掴んで帰ってもらえる事ができたらいいなあ・・・と感じた出来事でした。

posted by 石井成之 at 11:54| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

足部の痛み 疲労骨折

先日、診療したケースでしたが、足の甲の痛みで来院した高校生です。

ランニング中に急に痛くなった。と言う訴えでやって来ました。
歩行時に跛行が見られる。階段の昇降で痛み。
痛む部位は足の甲なんだか?裏なんだか?ちょっとはっきりしない。本人の訴えでは、足底部とか足首辺りとか....
と言う感じでした。
腫れや熱感も、はっきりとは見てとれない。


よく見られるケースでは
足底部に痛みのある「足底筋膜炎」の類だったり
足の外側の骨の出てるところあたり(モグリと思われない様に解剖用語で言えば、第5中足骨底)の痛みが見られる「腓骨筋腱炎」だったり
足の甲の指の延長線上の骨の上に痛みが見られる「中足骨疲労骨折」だったり
同じようなラインで痛みが見られるんですが、骨ではなく、「すじ」がギシギシと言うか、ギュルギュルする事が多いですが(すじじゃなくて、腱ですが(笑))、まあそんな感じの「腱鞘炎」だったり

他にも、諸々ありますが、今回のケースでは、その何れでもない感じ。

中・高生に限らずですが、感覚や訴えが不明瞭なケースは多々見られますし....
痛みや、違和感を伝えるボキャブラリーが非常に乏しいケースも多々見られます。

そして、整形外科的診断では何も異常が認められない。と言う方は非常に多いので、ある意味このファジーな訴えに対して、患者さんの言動と、触った感覚で判断するしかないんですが.....


さて、少し話が脇にそれましたが、今回は治療を進めて行くなかで、痛みは消えない。
が、明確になってくる。
痛みの部位。痛みの出方。

小指と薬指の延長線上の骨の上。部位的には「立方骨」辺り。
で、この感覚は、恐らく疲労骨折....と思われる。あまり症例がないと思いますが、彼の接地の仕方、荷重方向からすると....起こりうる。と言うことで、整形外科へ行ってもらいました。

結果は、やはり。でした。


疲労骨折を起こした選手も、指導者の方も「そんな、疲労骨折するほどやってない....」と必ずと言っていいほど言います。
実際、チームの過半数がやる様なケースであれば話は別でしょうが、おっしゃられる様に練習自体にムリがあるのはごく一部の様に実感しております。

問題は「繰り返し掛かる負荷」で、単純に練習量が多いと言う事だけでなく、先程もちょっと触れましたが、接地や荷重の方向に偏りがある。と言うことで、どこかに集中的に負担がかかってしまう。と言う様な事で起こるケースが多いように思います。


からだの使い方であったり、シューズの変形であったり.....
どこか他の部分のちょっとした痛みだったり、不調だったりを庇う事で、動きが崩れて起こる。捻挫や腰痛などが潜在的原因として存在している。
そう言ったものがある事が多いです。今回のケースも、元々は膝の外側「腸脛靭帯炎」が事の発端にある様でした。

そう言ったわけで、部分だけを診ても、根本的な解決にはならないんですよね。治療も、トレーニング・動きづくりも、何を見てやっていくか?と言うところなんです。


疲労骨折の話ですが、結局疲労骨折の話でもなんでもなくなりましたが(笑)

そんな事を感じつつ、治療にあたる日々です。
posted by 石井成之 at 08:38| Comment(0) | 仕事 | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

合宿終了

5月31日から、合宿に帯同しておりました。

今回は実業団の長距離チームでした。


で、仕事については・・・・割愛(笑)
治療院のブログじゃないんか!って言いたいところでしょうが・・・・


合宿の間中、気になっていたのは。宿舎に巣を作っている燕が、合宿が終わるまでに巣立つかどうか(^^)
久しぶりに、燕なんかじっくり見ましたね。

そして、1日に一度は

2015-06-01 09.52.56.jpg

宿舎の隣にある「須佐神社」で充電

2015-06-01 09.52.00.jpg

割と有名なパワースポットらしいですが・・・

2015-06-01 09.19.56.jpg

この杉の木は、随分気が合う気がしました(笑)

そして、神社横の川を散歩してたら
「これは、渡ってくれと言わんばかりの石の並びじゃないか!」

2015-06-01 09.38.14.jpg

と、冒険心を刺激され、あっち側から渡ってみたものの・・・・

やべえ(・_・;)
この石の並びは・・・・「行きはよいよい 帰りはこわい」パターンや(>_<)

高い→低い はたやすく 低い→高い は難易度高い
小さい・不安定→大きい・安定 は攻めれるけど 逆は川に落ちるイメージしか湧いてこない・・・

まあ、落ちたって死なないし、いいんですが.....
さすがにいい大人が、一人でそれはどうかと(笑)
結局、靴脱いで渡ってやりましたが、まあそれも、いい大人としてどうなんや?って話ですが・・・(^^ゞ


そんなわけで

まるで、仕事の様子が窺えない。アンタ仕事もせずになにやってんの!!
みたいなブログになってますが(^^;)

ほんとに仕事せずに、こんな事してたら、こんなもん書けないですし
そんなんだったら、15年近くも、この仕事続けて来れてないですね(笑)

合宿であれ、普段の仕事であれ、そこ以外の部分で「外す」こと
は、自分にとって凄く大事な気がしています。

自然に触れたり、走ったり散歩したりで、自分と対話してみたり
あるいは「バカ」になってみたり(^^)
その時に、こうしたいなあ…って言うのをやる事で、バランスが取れる気がします。


なんもないと言えば、なんもない所でしたが、自分にとっては十分でした。

と言う事で、明日からは通常診療です。
振り幅を持って、やっていきます。


posted by 石井成之 at 18:25| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする