2015年08月06日

8月6日

今年もまた、この日を合宿先で迎えました。

8月6日 午前8時15分。70年前広島に原爆が落とされた日。
この何年かは、合宿先とは言え、広島県内で迎えていましたが、今年は県外。
日付と曜日の感覚がなくなる合宿中ですが、この日この時間は子供の頃から身に付いた習性か、特別な思いで迎える事になります。

こうして、県外にいると、この日と言うのも特に意識される事なく「ああ、この日だったのね....」と言う感じで迎えられてるんだなと、改めて感じます。
それがいいとか、悪いとかではなく。

自分は、広島で産まれ育ったが故に、この日を意識して、この日に戦争や平和について、あるいは人の命の重さと言うものだったりに思いをはせる習慣があります。
戦争によって、実際に核兵器が使われ、最初の被爆地であると言う歴史的な事を考えれば、もう少し広く深く、この日がそう言う日として意識されてもいいのかなあ…とも思いますが、70年と言う時間の経過とともに風化して行くことは致し方ないなとも思います。

ただ、いつでもいいんですが.....
自分が産まれ育った場所が空襲を受けた日だったり、戦争がはじまった日だったり、終わった日だったり、その他戦争じゃなくても、何かの事件や事故、災害など....

何かをきっかけに、人の命の重さやなにかに想いを巡らせる日が一日くらいあれば。と思います。



posted by 石井成之 at 17:12| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする