2015年10月31日

人は自分を映す鏡

そんな事をつくづく感じます。

他人を見て、目につく部分は自分の中にも必ずあって、自分のそういう部分が嫌だから、それを見ると気になるのだ・・・
と言うような事を言われた事がありますが、ほんとそうだよなあ。と、治療しながら感じる事が最近多々あります。

師に学び、2年余り。治療の中で、息遣いだったり、姿勢だったり。そんなものを診る様になって、今までよりもより多角的に患者さんを診る様になって来た様に思います。

まだまだ、未熟者の自分は師匠の様に、きちんと心体を診ることができませんが、なんとなく以前よりは感じる事が出来る様になってきたのかなあ・・・と、いくらか思える様になってきました。

で・・・その中でも、なかなかうまく処理しきれないものって言うのがありまして。

それも、なんとなくそうなのかな?と感じる事であって確証はないのですが、おそらく自分自身が自分の中で起こった時に、処理が難しい感情だったり、性質・・・それらが、引き金になって起こってると思われる症状。
これを取ろうとすると、自分の中で対決モードに入ってしまいますね(>_<)
症状の,重い軽いに関わらず、抑え込んでやる!!的な・・・

自分の中でも、同じことが起こってるんでしょうね。これに関しては。
それを、なんかこう、受け入れれるようになって、受け流しつつ処理できるようになれば、自分自身もですし、治療家としても成長できるんだろうなあ・・・とぼんやり思ってます。

患者さんの治療で、患者さんがよくなるのはもちろん、自分自身にもよい気づきがあればいいなあ....と。
また、それが回って還元される。
そんな施術、そんな成長をしたいものですね‼


posted by 石井成之 at 13:09| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

糖尿病の患者さん

先日、糖尿病の患者さんがいらっしゃいました。

主訴は、別に糖尿病にまつわるものではなく、いわゆる肩こりとか、そう言うところでした。

ご年配の方でしたから、いろいろ問診で聞いていく中で、糖尿病と言う事がわかったわけで、特にそこの相談があったわけでもありません。

で、肩こりだからと言って、肩だけ診るわけでなし・・
まあ、いつも通り全体を診つつ、症状も改善され次回の予約を取って帰られました。


そして、2回目の治療にいらっしゃった時の第一声が
「あれから、血糖値が下がって・・・正常値になる事が多くなってきました!」
と・・・・・

血の巡りをよくしたり、自律神経を整える様な事も、治療の中ではやっているわけですから、そう言う事があっても、おかしくはない。

DSC_0144.JPG

DSC_0143.JPG
ただ、今回は血糖値のコントロールを意識していたわけではなく、その他の肩こりだったり、そこの原因は何かなあ・・・を探って、全体を調整するようにした結果が、これでした。

糖尿病に対する、鍼灸マッサージ治療については、いろんなところで紹介されています。自分自身は、そう言う症例に対する臨床の機会がこれまでにほとんどなかったので、恥ずかしながら忘れておりました・・・

そして、これを持って「鍼灸で、糖尿病の血糖値はコントロールできます!」と言い切る事は、とてもじゃないですができません。
まるで「お前は素人かよ!!」とお叱りを受けそうなコメントですが
「鍼灸って、おもしろいことが起こるもんですねえ・・・・」と。

開業して10数年経ちましたが、今なお、この世界は面白く、まだまだ可能性があるなあ・・・と、つくづく思います。

posted by 石井成之 at 16:19| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

稽古・修行

最近、バタバタして4、5日の間出来ず.....

とは言っても、そんなに毎日時間かけてやるわけでなし、隙間隙間でちょっとずつ確認と言うか、リセットがかけれればいいんでしょうが。
できない時って言うか、気持ちが向かないのは、実はそれが非常に必要な時で....

今朝、少し動いてみながら「そうだよなあ....」と実感した次第です。

頭から汗が出ます。だいぶん昇ってたって言うことか?

動いてるうちに廻りがよくなる。息が吐ければ澱みが消えてくる...


気づきを与えてリセットする。
その積み重ねで、感じとれるものの質が上がってくればいいのかと。

鍛えて強くなれば、より耐えれる。では、どうやっても限界が来る。
強いものが生き残るわけではない。
様々なできごとに、調度いい....それも、マニュアルがあるわけではなく、自分にとっての最適な接し方ができれば...

先ずは、自分のからだと呼吸がコントロールできることか....
強くなる、大きくなる事ではないが、自己を鍛錬する。


この単純なものが、簡単な様で実に奥が深い。
posted by 石井成之 at 09:51| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

明日・明後日の予定

明日10月17日、明後日10月18日は

例年サポートしている大会のトレーナーで鳥取です。


と、言うことで明日・明後日は休診いたします.....

10月の予定、更新してなかったですもんねm(__)m

申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
posted by 石井成之 at 20:58| Comment(0) | 休診日 | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

朝Run・足袋Run

走る時のシューズですが.....
これはシューズなのか?シューズじゃないのか??

DSC_0982.jpg

毎日これで走ってるわけじゃないですが、普通のランニング用シューズも使いつつ、これも愛用しております。

ソールの厚いシューズの方が、衝撃も小さいし脚に優しい。
と言われますが、自分自身は厚めのシューズや、柔らかいシューズを履くと、足底だったり、ふくらはぎだったり、膝だったりに痛みや嫌な張りが出る事が多いので、薄めのシューズを使う事が多いです。

まあ、これは極端ですが 笑

なぜ、厚いシューズで痛みが出るのか?については、話せば長くなるので、聞きたい方は個人的にお願いいたしますm(__)m
持論と言えば持論ですから、もちろん反論もあろうかと思いますが....それが合う方もいらっしゃるかと思います。

で、今日は走りはじめに踵の骨が地面にゴツゴツ行ってる感じが強くて....腰が抜けてるんだろうなあ。

って事で「腰を立てる・脇を締める・顎を引く」の3点セットで修正。
強いて、わかりやすくするために説明するなら、脇を締めるのは広背筋。腰を立てるのも広背筋。顎を引くのも広背筋。もちろん、広背筋だけではないんですが...
脇を締めると言うか、肩甲骨が下がって寄るから腰も立つし、首が伸びるから自然に顎が引かれるでしょ。って感じですかね。

今日は、ずいぶん感じが良くて、尾骨の先っぽから背骨を通って頭の方まで引っ張りあげられる感じと言うか、股の間から何かに持ち上げられてスーっと進む感じが後半出てきました。
そして、ブレーキをかけてるのは前足部だね。と言うのも、感覚的に今日は感じ易かった。

前足部が邪魔しないように、登り下りを走ると、楽だし止まれない 笑

そんな感じで、今日はかなりからだが喜ぶ動きができた実感がありました。

こう言う履き物を使うことを、殊更に勧めはしないですが、自分のからだとしっかり対話して行くにはよいアイテムだと個人的には思います。
posted by 石井成之 at 08:47| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

足底筋膜炎の治療と、掃除で思った...大雑把ですが、細かいところもあります。の話

長いタイトルですな....................................................................................................................

長いついでに...たくさん打ってみました(^_^;)

は、いいんですが半月ほど前に、治療院に新戦力として「掃除ロボット」を導入しました。
ウチのは拭き掃除をしてくれるヤツなんですが、おかげさまで朝の余裕度が随分変わって来ました。
つい「ありがとね(^^)/」って声を掛けてやりたくなるくらい働き者です 笑

で、じゃあ彼が掃除するから、しなくていいや!
じゃなくて、その分、朝の時間にちょっと今まで疎かにしてた所を掃除するか!と...

いざやりはじめると


「大体、大雑把なんで、掃除なんて嫌いだしテキトーでいいんだよ!」って日頃言ってるくせに、自分でもびっくりするくらい、意外と細かい.....笑

基本的に、本業でもある意味「ニッチ」なところ突いてるし....大雑把なようで居て、そうじゃない一面も実は強いよねえって改めて思いました。


そして、今日は足底筋膜炎のランナーの治療も入って、そこで治療と、そのあとのリハの指導しながら思ったんですが..
本来の運動自体は頭でコントロールするわけではないので、細かい重箱の隅をつつく様な指導は必要ないのが理想ですが、大雑把でありながら、指導してる動き自体は、実はかなり細かい使い方を求めている。
そして、細かいが故に、逆に細部を意識し過ぎると、その動き自体ができなくなると言う仕掛けがある。

制限つきの中で、いかに自由に動けるか?
それすら無い中で、動くのは適当ではなく....雑な動きです。


適当なさじ加減を、身体を通して見つけること。
そこには、頭で制御する事が必要なわけではなく、隅々に気を、感覚を通わす事。
隅々に張り巡らせた感覚の中で、抜ける所を見つけて行くこと...重箱の隅の細かさではなく、適当なんだけど決して雑ではない。
そこなんですよねえ....
を、再確認できた1日でした。
posted by 石井成之 at 21:32| Comment(0) | 日々感じたまま | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

第6回心体義塾in広島 その2

昨日、土曜のまとめをしましたが、10月4日 日曜日の振り返りです。

この日は、個人セッションに、一般向けセミナーに、治療家向けセミナーと、盛りだくさんでした。

昨日も触れましたが、この日の朝の空いてる時間にちょっとからだをみてもらったんですが.....
こんなに腹硬いのか(;゜゜)


ちょっとだけ、自覚はあったんですがね。あまり良くないな....と。

で、触ってもらってからの、一般向けセミナー。

ここでの、先生の話が....刺さる刺さる(*_*)
これまで、そんなに思った事がなかったんですが、なんだか色々捨てたりしなきゃいけないものがありそうだ(; ̄ー ̄A

と、改めて感じました。
そこがきっと大事ですね....


で、一般向けセミナーでは話のあとは

DSC_0058.JPG
変な宗教でも...
DSC_0688.jpg
相撲部屋でもありません

DSC_0696.jpg
立ち方を教わりますが....

DSC_0695.jpg
ホテルマンの研修ではありません

DSC_0700.jpg
歩き方や、バッグの持ち方など....

ついつい、試しに動いてみたくなって、主催者の立場を忘れる(^_^;)


で、最後は治療家向けセミナー。
治療家向けと言うか、深めるセミナーと言った方がいいのかなあ。

これまでのものよりも、対人と言うか、息を合わせると言うか、そう言う部分が多い内容でした。

DSC_0061.JPG
満面の笑顔で人を踏みつける....

DSC_0062.JPG
人の上で拳たて伏せ....これが、我慢大会にならないやり方を学ぶ。

DSC_0064.JPG
DSC_0066.JPG
DSC_0065.JPG
その為には、自分で遊びも含めて、自分で自分の息がしっかり吐ける事を日常的にやって行って、自分の状態をよくしておけたらいいですね!

と、言うことで、次回は2月20、21開催予定です!

よろしくお願いいたしますm(__)m
posted by 石井成之 at 21:41| Comment(0) | 心体義塾 | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

第6回 心体義塾in広島。無事終了いたしました!!

10月3日、4日の2日間に渡って開催しましたセミナー。無事終了いたしました。

講師は
私の恩師である内田真弘先生 http://ameblo.jp/testosteron-iron77/

DSC_0048.JPG

決して、拷問でもいじめでも・・・かわいがりでもありません・・・
そして・・・踏まれてる彼が、ドMなわけでもありません・・・実際はどうかは知りませんが(^^;)

土曜日は
内田先生による個人セッション。(写真は、個人セッションのものではなくセミナーでのもの。こんなイメージです)

DSC_0049.JPG

そうですね~簡単に言うと「調息」と言えばいいんでしょうか?
息遣いの癖をみながら、詰まってるところを緩めていく・・・と言うのがいいのかなあ・・・
主に施術する箇所としては、腹部と頸でしょうかねえ。
今回も、時間の空いている所で、少し見てもらいましたが、自分が思っている以上に腹が固くてですね。
まあ、それについては、また後程ちょこっと書きます。

そして稽古会。
これも簡単に言うと、「顎を引く・脇を閉める・腰を立てる」の3点。ではありますが、それぞれが別に存在するわけではない。個々にその部位をそうする事は、筋力に頼ればできますが、本来はそうではなく、どこかをそうすれば、糸を巻き上げれば糸につながってるところも動くように正しくその姿勢が取れれば、他もそうなる・・・
DSC_0040.JPG
その姿勢が息が通りやすい姿勢。と言う事で、その姿勢を保ちつつ、息を止めずに動く・・・

DSC_0045.JPGDSC_0042.JPGDSC_0046.JPGDSC_0056.JPG

日曜の様子は、また明日・・・・

ちなみに、私は背中やケツがえも言われぬ筋肉痛(笑)
ただ、2年前に始めたころとは、筋肉痛になる部分が大きく変わって来ましたし、様々な話や動きがつながってきた・・・と言う所は多少は、進歩してるのかな??と。
このセミナーを紹介するときに「筋力ではないものがある」
と、よく言いますが、筋力が必要ない。と言っているわけではなく、

踏んばって、力んで使ってると、本当の意味で真っ直ぐ立てないし、動けないし、何よりケガをしやすくなる・・・
実際、自分自身も2年前より今の方が、急に運動したときや、慣れない動きをした時にどこかしら痛くなる事が減ってきた実感はありますね。

力で無理やり、力任せに動くのではなく。手足の先まで、きちんと自分のからだとして気を通わせコントロールできる。自分のからだを使い切る事。そうするのに、適切な筋量・・・身の丈に合った自分の適量なからだ。
「分を知る」と言う事が、2年前よりはからだでわかってきたように思います。
まあ、そうは言っても、まだまだですが。
posted by 石井成之 at 19:28| Comment(0) | 心体義塾 | 更新情報をチェックする