2018年02月12日

腸脛靭帯炎の治療例

ランナーに多い「腸脛靭帯炎」

64dd853f04c33cd608c7a4a21a5ff4d1_s.jpg

まあ、膝の外側に痛みがあって、ひどくなると日常生活でも痛みを感じたりしますが…

よく見られるのは、痛めた当初は、日常生活でも痛み
を感じていたけど、痛みがなくなって来たので、試しに走ってみるとやはり痛い。
で…またしばらく走るのをやめてみて、数日たって試してみると、やはり同じくらいの時間で、同じ様に症状が戻ってくる。

こんな経験をされた方や、お悩みの方も多いかと思います。

そんな症状の治療例があったので、少し紹介いたします。

今回の方は、かなり本格的にやられてる方で、フルマラソンも3時間を切って走るし、トライアスロンもされたりしておられて、ランニング歴もかなり長い方です。

先日、無事フルマラソンを走られたので、まあ書いてもいいかなと思っております。

この症状が出て、かれこれ4か月くらい…4kmくらい。20分もすると痛くて走れない。
の繰り返しで来院されました。

うちに来るまでも、いくつかの治療院で、いろいろな治療法を試したようでした。

なにをどうしたかは、とりあえず置いておいて・・・

1回目の治療後90分走れた。との事でした。

最初の1か月で4回の治療を行い。3度目の治療のあとは、かなりいいペースで15kmくらい走れるようになってました。

それから月日は流れ

5回目の治療に見えられたのは、先日。
2か月半ぶりくらいに来院されて「あれからは、順調にできてる」との事でした。

最後にレース前のコンディショニングを行い、無事3時間を切って走り切る事が出来ました。

9a3a2396e73a5b66335626151bcc11a2_s.jpg

どう言う組み立てで解決につながったか・・・

もちろん、患部に対する治療は必要です。
と、同時に、なぜそこに負担がかかっているのか??

どこに問題があるのか?と言う繋がりと、あとはからだの使い方。

この症状だから、こうする。
とか
この痛みには、ここ。
とか言う事ではなく…

その方のからだの持っている答えを探していく。

鍼灸治療院だから、鍼も打つかもしれません。マッサージや指圧などの手技も、使うかもしれません。

これがいいかなと思えば、運動と言うか、体操と言うか、からだを動かしていく方法を使うかもしれません。

そんな治療院です。

治るための方法に気づく手助けをする事。治るからだになるお手伝いをする事。
それが、私の仕事です。



続きを読む


posted by 石井成之 at 16:53| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

ジュニアアスリートの指導など


先日、ジュニアアスリートを診る機会がありました。
高校生以上は、診る機会も多いのですが、小中学生は比較的少ないです。


56acd57f24be803eb2df87e881782dbd_s.jpg

サッカー少年や野球少年

どこかしら痛いと言ってくるケースもありますが、大半は動きとか姿勢とか・・・
そう言うものが気になる。と言う親御さんが連れて来ると言う事が多いです。




あとは、ウチは比較的陸上競技の選手がよく来てるので「うちの子の足が速くならないか?」とか「走り方を直して欲しい・・・」とかが多いです。


4249a4fd59ceb882ae759b909b342718_s.jpg

どの競技であれ、基本は一緒。使うからだも一緒です。
ウチは、技術指導は専門外なのでしませんが、からだの動きの基礎的な部分だったり、本人の動きや、立ち方を観て、なんとなくこんな事が苦手かな?とか、ここがこうなったら、もっとこう言う事がやりやすくなるよね・・・

は、改善する事が可能です。

b207ad0aa9fc7aa00b2a326972acc13a_s.jpg


先日のケースでも、「こんな感じですか?」といくつか聞いてみたら、けっこう的を射てた様で、
心の中でガッツポーズしました(笑)

いくつか・・・
息を通すことからはじまり
からだの中心の感覚入力をする事だったり、背骨の感覚入力だったり、股関節の捉えだったり・・・
3種目、4種目くらいやってもらって実際に動いてみると

立ち姿、座り方、走り方・・・良い変化が見れました。画像も何もないので、まるで伝わりませんが(^^;)
基本、撮って目で確認とかしないので。全ては、動いた感覚がいいかどうか?を基準に考えております。

小中学生で、日本のトップがそのまま、シニアでもトップになるわけでもないので、その年代での成績にはさほど興味もないですが、いい身のこなしを身につけておくことは非常に有効だと思います。その結果、今よりもパフォーマンスが実際にあがれば、言う事なしです。

と言うのも、自分自身が非常に不器用であったが故に
「なんで、こんな事ができるのか?」とか
「どうすれば、できるか?」
を考え、いろいろやった結果、気づけたことがたくさんです。

そんなわけで、不器用で向上心のある方。お待ちいたしております(^^)
もちろん、器用で向上心のある方も大歓迎ですが、多分器用な方は、ウチでやってるような事は
「なんで、こんな単純な事をやらなきゃいけないんだ!!」
ってなってもおかしくはないので・・・

ただ、ほんとはそう言う人こそ、基本は大事とも言えますが。
不器用だったり、頭打ちだったり・・・故障の繰り返しだったり、なかなか治らないだったり・・・・お待ちいたしております。

結びは、ジュニアの枠組みとは関係なくなりましたが(^^;)



posted by 石井成之 at 14:46| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

セルフコンディショニングは、どう言った治療を受けるか・・・よりも大事である!!

とある競技の選手ですが、首だったり腰だったりの不調がずっと良くならない・・・
と言う事で、しばらく前から当院にお越しいただくようになりま
もちろん鍼灸マッサージの看板をあげてますから、そちらの方向からアプローチはしていきますが
それを通して、からだの状態だったり、癖だったりと言うものも探っております。

その上で、こう言う事をやってもらうといいなあ・・・と思う事を、折をみて伝える様にしております。

「あれを、教えてもらって、やりはじめてから、だいぶん調子がいいです!」という言葉をいただきまして、そう言う事もあってか、あれこれと、いろいろな質問を頂けるようになりました。


また、とある選手から
「学生の頃に教えてもらった、ストレッチ、あれやるとやらないでは随分違うので続けてますよ。後輩にも、ときどき教えてます。」
と言う言葉もいただきました。
彼も、気づけば随分とベテランと呼ばれる年齢になってきましたが、こういう事をコツコツ続けていける・・・そういう部分が、長持ちの秘訣かも知れません。

どちらも大変ありがたい事です。

続けてもらう事。
続けてもらうには、効果を実感できるものである事。

そして、それを自分のものにして行き、人に伝える事だったり、自分のからだを知ることにつなげていくと言う事。

あの時のあれが、そんな風に役に立ってるのか!と嬉しくもあり、より良いもの・・・と言っても、別に奇をてらったものをと言う事だったり、ではなく、個々にマッチしたものを伝えていける様に・・・と改めて思いました。


DSC_0504.JPG

どちらも特別なものではなく
人のからだの動きの本質に基づいたものだったり
基本的なものを、よりきちんとやるためのヒントだったり
と言ったことに過ぎません。

自分のからだに興味を持ち、からだそのものを感じながら、対話しつつ行っていく事で
いろいろ気づけるものがでてきて、そこからまた課題だったり、変わってきた実感だったり・・・

そんな手応えを感じていける事。
そこが大事だと考えております。

DSC_0758.jpg


反面
いろんな情報が溢れ、表面的なものだったり、流行りだったりで、

本質が正しく伝わってなかったり、それが今現在必要なものではないことに取り組んでしまってる

と言う現実にもよく出会います。

なかなか治らない・・・
だったり
やってるけど、効果が出ない・・・

と言う事があれば

いらしてみてください。

ただし、答えだけを求めて来ると、何も得るものはないかも知れませんが




posted by 石井成之 at 10:11| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

合宿帯同終了

先日まで1週間、陸上競技・長距離の実業団合宿に帯同しておりました。

年に何回か、こうやって外で仕事してますが、合宿中のスケジュールを見つつ、選手の動きを見つつ・・・
この合宿の狙いと、その為に何をどうしたらいいのか?いろんな事を考えつつ、個々の選手にあたる様にしております。

今回は、シーズンイン直前の、動かしていく時期・・・と言う感じで、仕上がり具合は随分選手ごとにまちまちではありましたが、動きを見て、からだを診て、反応をみる。
いい方向に向かっていくのか?目的に即した反応がでるのか?そんな事をみつつ1週間を過ごしました。

合宿前から脚の状態に不安を抱えていた選手もおりましたが、この1週間で随分好転して、解決の方向に向かい、流れに乗る様に持って行けたのはよい事でした。

ここから、しっかり積んでいって、良い結果につながることができればうれしい限りです。

そんな1週間でしたが、昨日から治療院にて通常の診療に戻っております。
日々、アスリートから一般の方々まで・・・より良い方向に向かっていく手掛かりをともに求めて行きたいものです。

posted by 石井成之 at 09:39| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

さて、先日から診療、ぼちぼち開始しております。
今月は10日~22日まで、合宿や都道府県駅伝の対応があり予約が取りにくい状況となっております。

当面の9日まで、23日以降は今のところまだ余裕がありますので、よろしくお願いいたします。

今年もトリあえず、バリバリがんばります!
posted by 石井成之 at 09:42| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

緊急のお知らせ

皆様へ

昨日、携帯を紛失いたしました。明日まで、代替え機生活なので、LINEの復旧は明日以降になります。

携帯、治療院、どちらも電話は繋がりますし、メールやFacebookでのメッセージのやり取りも可能です。
石井、LINE無視かよ!!
と、お怒りの方がいらっしゃいましたら.....他の方法でご連絡下さいませm(__)m


よろしくお願いいたします。


posted by 石井成之 at 16:30| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

5月2日〜診療します

明日、5月2日〜4日までは広島におります‼

5日から、再び合宿帯同で7日までおりません(^^;

明日は、まだ予約余裕ありです。
ご連絡くださいませm(__)m
posted by 石井成之 at 17:25| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

今日から再開です

昨日、広島に帰って参りました。

DSC_0351.JPG
行きの飛行機。雲を眺めながら、地上から見るのと違う角度から見ると、見え方も変わる....同じ雲でも、どこを見てるかで別のものだよねえ…
近くで見ないと、大きさもわからんしね。みたいな事を思う...

DSC_0361.JPG
青島神社の鳥居と日の出。合宿中、時間のある時に日参。
近くに神社仏閣があると、合宿中通うのはだいたいどこに行ってもですね(笑)

DSC_0362.JPG
鬼の洗濯板。どうしても、鬼の居ぬ間に洗濯...と言う言葉が浮かんできてしまう(笑)
鬼にすりおろされる事を想像すると...(>_<)

DSC_0363.JPG
青島神社。ジャングル的な雰囲気(笑)

DSC_0365.JPG

DSC_0366.JPG
なんとなく、南国風....気分の問題か(笑)?

DSC_0370.JPG

DSC_0371.JPG
宿舎から見える山の上にある仏舎利塔。気になって、散歩して....と思ったら、思いの外距離があって、時間的に走ることに...(笑)

DSC_0372.JPG
その山から見る青島。チンタオではない(笑)あおしま

DSC_0018.jpg
宿舎前の海。



そして......一枚として、仕事や、選手の練習風景の写真はなし(笑)

合宿に帯同したんじゃなくて、ただの観光だろう!
って疑われても仕方ない感が溢れてますが(^_^;)

それはなぜなら、仕事中だから....


さて。今日から治療院に、仕事の場を移して通常の毎日のスタートです!
よろしくお願いいたしますm(__)m
posted by 石井成之 at 09:22| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

新生!

新年を迎えて、治療院スペースの模様替えが完了しました。
DSC_0146.JPG

DSC_0149.JPG

コンパクトになった待ち合いスペースとカウンター

DSC_0147.JPG

DSC_0148.JPG

そして....感じ的には、カウンターの配置が変わった程度で、パッと見に雰囲気は変わらない為、昨日みたいに、予約間に30分~60分の空きがある状態で、待ち合い介さずに、直にベッド誘導では
「なんか違う気がする....」
程度な感じの様です(^^)

まあ、それがちょうどいい(笑)

ただ.....

カウンターの配置と、入り方。自分自身の、治療ベッドへの導線が変わったので....
一番戸惑うのは、実は自分自身(^_^;)

そんな感じで、新鮮さを持ちつつ。ですが、変わらずの仕事始めでした。


また、保健所に届けを変えに行かねばならんか......(>_<)

治療院自体は、完了ですが、奥のプライベートエリアはこれからぼちぼちです。
現状でできるところまでは進んでおりますが。
そんなこんなで
仕事に集中できる体制は整いました。

posted by 石井成之 at 08:53| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

設置完了!

と言いましても、前からモノ自体はあったんです。
これまでにも、使ったりしてたんですが、奥まった空間に置いてたのであまり表舞台に出る事がなく...

かつ、バッテリーも切れてしまっていたので、そのまま半分眠らせた様になっていたんですが、先日よくいらっしゃる患者さんからパーソナルトレーニングの依頼を受け、かつダイエットも考えたい。
と言う要望でしたので、表舞台に引っ張り出してやりました。

DSC_0149.JPG

ステアマスター

ステップ系のマシーンです。

実は、この写真の手前に、パワーマックスと言う、追い込み用の固定自転車もあったりします(笑)

DSC_0710.jpg

後ろからステップ動作の癖を見て、と言うか見せて、治療やトレーニングの参考にしたり....
故障で走れない選手のリハに役立ててもらったり....

あとは、空き時間の自分のトレーニングに(笑)それが、一番メインかも知れません(^^)
軸を立てて股関節を中心に...と言う動きを身につけるには良いかも知れませんね。

DSC_0709.jpg

あとは、ダイエットの依頼にも...
ランナーの動きの改善に利用も...

やっぱり、治療院改装してシャワールームくらい設置しないとなあ…

そんな感じで、治療+αご希望の方はおっしゃってくださいませ!

DSC_0711.jpg

DSC_0712.jpg

これだけ見ると、治療院に見えないスペースを兼ね備えております。

じんわり汗をかく運動も、息が切れて死にそうになる運動も....お申し付けください。

今回、久しぶりに一般の方からパーソナルトレーニングの依頼を受けましたので、この場を借りまして、実はこんな事もやってます。こんなものもあります。をご紹介させていただきました。
posted by 石井成之 at 12:12| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

ゴールデンウィークの診療について

世間では、一般的に今日あたりから「ゴールデンウィーク」といふものありけり.....らしいのですが

自分、世間知らずなんで、そのシステムがよくわかってないんです(^^)

と言う、戯れ言はさておき。ゴールデンウィーク中ですが


4月29日 合宿帯同の為不在
4月30日 ↓
5月 1日 ↓
5月 2日 ↓
5月 3日 休診
5月 4日 10:00~18:00
5月 5日 10:00~18:00
5月 6日 10:00~18:00
です。4日から、一応18時枠が最終の予定ですが、状況に応じてフレキシブルに対応させていただきます。


と、言うことで、本日から不在ですが、ご用の際はお電話くださいませm(__)m
携帯に転送されますので、繋がります。

ゴールデンウィーク以降につきましては.....後日ご連絡させていただきます。
posted by 石井成之 at 06:47| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

今までにない・・・・

ここ最近、今までになかった客層と言うか、傾向・症状の方からの予約や問い合わせを相次いでいただくようになってきました。

そう言う時期なのかなあ・・・などと・・・


治療家としても、人間としても、これまで以上に幅や大きさを問われているのかなあ・・・・と

どれだけ、と言えるほどやってもいませんが

どれだけ勉強しても、「これだ!」と言える答えは見つからない様に思います。
だからと言って、勉強することは無駄ではないし、肩に力を入れて、気合入れて「勉強するぜ!!」ってもんでもないし、様々なモノ・人・事からも学べる、そこが一番大切ですねえ(^^)

人の数だけ答えはあるし、しかもそれは一つではない。
答えは与えられるものでもなければ、教えられてわかるものでもない。

そして・・・施術者である側の立場からすると

もしかしたら答えは自分が出すものではなく、患者さんが答えを出せるためのサポートをする事だけなのかもしれない。
その、答えにたどり着けるような、ヒントや気づきを出せることが、求められてる事だとも言える。

自分には、教える・導く・・・そんな力はない。
一緒になって、きっと別々の答えを出していく・・・

なにか、そんなものが問われている様な。そんな風に感じております。
posted by 石井成之 at 10:11| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

しばらくは、広島です

気づけば3月も終盤。
3月は合宿帯同が2回あったため、ずいぶん治療院を閉めておりました。
ご迷惑をおかけいたしましたが、本日はボチボチ、明日からは通常診療に戻ります。
3月末まで、まだまだ十分に予約可能な状況です。



posted by 石井成之 at 11:31| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

ランナーに多いシンスプリントの治療

「シンスプリント」って言う、これはなんて言えばいいんですかね?
市民ランナーだったり、陸上選手であれば、よく耳にする。そして、これに悩まされている人。悩まされていた人。周りに、悩まされてる人がいる。いろいろだと思いますが、よくみられる症状の一つで、日常的に治療をする機会の多い症例でもあります。

一言で言うなら「ふくらはぎの内側の骨に沿ったあたりが痛くて・・・」って言う症状です。
使い過ぎ・・・、そこに負担が多くかかるから出る症状で、何回も繰り返したり、慢性化することも多く見られますし、疲労骨折にもつながったり、治りが悪いと思っていたら疲労骨折を見過ごしていた・・・と言う事もあったりと。まあ、そんな感じですね。

痛いんだけど走って温まって来たら大丈夫なので・・・とか、痛いんだけど我慢すれば走れるから・・・とか、痛いから休んでたんだけど良くならないので、いつまでも休んでられないと思い・・・・とか

で、結果的にすごく酷くなって治療に来ました。と言われるケースが多いですね。

まあ、ここまで書いたことにまつわる痛みがあるときに、どう医療機関を選ぶべきか?
については、ここでは割愛させていただきます。
ウチの治療院に来るケースでは、病院や接骨院、他の治療院で治療を受けてたけど・・・・と言う方が多いので先に整形外科的な診断は受けたという前提で話を進めさせてもらいます。


どんな治療をするかと言うと、その人によりけりなんですが・・・

蹲踞。
これは、よくやってもらいますし、これでいろいろチェックさせてもらってます。
さみしく、セルフタイマーで撮った写真なのでイマイチのものもありますが(笑)

2015-02-28 11.06.04.jpg

親指側・小指側に均等に体重が乗るか?骨盤を立てて股関節を割ることができるか?そして、真っ直ぐか?
無駄な力が抜けて、息がスムーズにできるか?

2015-02-28 11.06.49.jpg

かかとの上に座る感じですね。

2015-02-28 11.08.12.jpg

股関節と言うか、腰が割れなくて膝が開けないと親指側にかかりやすくなりますし

2015-02-28 11.07.36.jpg

骨盤を立てることができないと、軸は立たないし小指側で支えることになってしまいます。

きちんとできれば、力も抜けますし、いわゆるアライメント、足と膝と股関節の向きもいい感じになります。

これで、なるべく踏んばらず、息を止めないで立つ⇔座るを繰り返す・・・
ちなみに立った時は、足裏の親指の付け根あたり・小指の付け根あたり・踵のど真ん中 の3点が均等に着いていること。つま先と膝が同じ向きが条件です。

意外と簡単そうに見えて、きちんとやるのは難しい・・・

これが、できるように導くのが治療の道筋でもあり、リハビリでもあります。

シンスプリントでお悩みの方、お試しください。

うまくできなければ・・・その時は、ご相談にのりますよ(笑)

posted by 石井成之 at 12:18| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

ビンボーくささ解消?

治療スペースのベッドの上にある蛍光灯。
患者さんにとっては眩しいし、治療する側としても、明るいと落ち着かないので撤去しました。

その記事がこちら

で、やっぱりこう.....ビンボーくさいし、雰囲気がくらーいんですよねえ

2015-01-23 10.42.58.jpg

落ち着くんだけども、どんよりした感じ。

なんか、いい方法ないかなあ…

と、いろいろ考えた結果

2015-02-22 15.40.53.jpg

天井から、布吊ってやりました(^^)

これなら、いくらかどんより感も、何よりビンボーくささが消えた気がします

自画自賛ですが、休診日にいい仕事しました(^o^)

これなら、蛍光灯入れてもいいのかなあ…光量の程度をこれからまた、いろいろ考える日々のはじまりですね(笑)
ある意味、これも環境の改善。工夫はどこまで行っても終わらないっすね。

ざまあみやがれ(笑)
これで、ケチでもビンボーでもないんだよ(^^)って胸張って言えますな(笑)

posted by 石井成之 at 15:57| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

ホームページの閉鎖と移行について【事前告知】

このブログしか、もはや機能していない治療院のホームページ(http://www4.ocn.ne.jp/~hari141/)
ですが

プロバイダーのサポート終了に伴いまして2月28日で閉鎖となります。

新たなものにつきましては、作成中ではございますが、何分エンジンがかかるまでに時間がかかる性分ですので、当面はこのブログのみとなる予定です。

治療院のホームページをブックマークしてくださっておられる、貴重な方がいらっしゃいましたら、今のうちにこのブログにブックマークを変更していただければ。と思います。

と、言うことで3月以降からも、ブログの更新はちょいちょい続いて行きますので、こちらは引き続きよろしくお願いいたしますm(__)m

posted by 石井成之 at 06:27| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

ケチなわけではありません(笑)

2015-01-23 10.42.58.jpg

2015-01-23 10.43.42.jpg

治療ベッドの設置してあるスペースの蛍光灯をすべて撤去しました。

その他の、治療院全体も、半分くらいしかつけてないんですが、十分な明るさです。

本来、事務所としてのテナントだったんでしょうね。デスクワークやなんかをするために必要な明るさと、治療院として、人のからだをみていくと言う仕事の仕方で必要な明るさは、やはり異なる様に思います。

3台ベッド置いてますが、真ん中のスペースは、構造上照明がなかったんですが、むしろ落ち着いて施術できる感じもしていたので、いろいろ考えた結果、他もすべて外して見ました。

患者さんが、仰向けになった時に、明かりが入るのもよくないと思いますし.....

さて、外してみて落ち着く感じはするんですが
こうなると、間接照明とか入れた方がいいのかなあ…とも思います。この感じだと、なにやらビンボーくさいし(^_^;)

そっちも、いろいろ考えてみるかね。

なにかよい案がありましたら、よろしくお願いいたします(^^)

posted by 石井成之 at 10:57| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

明日は、広島で都道府県対抗駅伝

昨日、今日と.....
今年もいくつかのご依頼をいただきまして、大会直前の選手のサポートをさせていただきました。

これまで仕事をして来た中で、繋がりができた方々からいただけるこの仕事。
この時だけではなく、日々そうなんですが、そうした皆様に思いを馳せ、がんばって仕事しよう!
と、改めて心に誓う、善き機会になっております。

仕事を下さった、各都道府県のスタッフの皆様。
そして、
試合直前の調整や、開会式などで時間が限られてる中で、よりよい形での選手のサポートとは?
終了時間をなるべく早くして、睡眠や自由に使えるリラックスタイムを、選手につくるには?
と言う事から、直前の無理な依頼にも関わらず、サポートを手伝ってくれる事を、快く引き受けてくれた仲間にも

とにかく「感謝」です。

明日は、選手やスタッフの皆様にとっては本番ですが、自分自身については、最早できる事は無に等しいと言うか.....ない方がいいんです(笑)
って感じで、2週間ぶりの休みをすごしたい。と思います。

posted by 石井成之 at 23:25| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

しばらく、不在です。

ただいま、福岡空港です。

しばらく、広島を離れます。
えっ?もう離れてるじゃん!って言う意見は、ごもっともですが(笑)

合宿帯同で、しばらくの間、治療院は休診です。
みなさまには、ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたしますm(__)m

16日に広島に戻りますが、都道府県男子駅伝関係での選手のサポートもあり、通常の診療体制になるのは、19日の月曜からとなります。

奇しくも、その日は自分の誕生日。
どうでもいい情報を、盛り込んでみました(笑)

ご予約などは、お受けできますので、お電話・メール・ラインなど、ご連絡くださいませm(__)m
posted by 石井成之 at 09:21| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

わたくしめが、テレビに出ます

って事で、少々ご報告させていただきます。

あの....
テレビに出ます!って言ったって、例えば こんなんとか......

1417931341524.jpg

※この写真は、自分が撮ったのでそこに自分は写ってませんが、なんとなくイメージとしてですね(^^)

街角中継の後ろで、ずっとピースしたりしてる「誰もお前なんかみてねえよ!」って突っ込みたくなる人だったり....まあ、誰もお前なんかみてねえよ!って突っ込みたくなるところで、すでにガッツリ見てるので、ある意味自分の負けですが(笑)

って言うような事ではなく。
ちゃんと、石井ファンの皆様にも満足してもらえる様な....
そして、アンチ石井ファンの方は、思わずチャンネルを変えてしまいたくなる様な....

そんな感じ....だと思います。

だと思います。って言うのは、できあがりを自分も見たわけではないので、だと思います。
としか言えないんですよねえ…

番組はこちら
「知りためプラス」



TSSテレビ新広島
土曜の朝9:55からの番組です。
放送日は来週12月13日になります!


そんなわけで、広島ローカルの情報番組です。全国各地にいらっしゃる石井ファンの皆様。
今回は、申し訳ございません!
って、あんまりふざけた事言ってると、石とか投げられそうなので、そろそろやめときます。

冗談はさておき、お時間のある広島にお住まいの皆様。気になったらご覧いただけましたら嬉しく思います。




posted by 石井成之 at 15:28| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

明日、明後日

本日、合宿先より一時帰宅。仮出所です(笑)

明日7月22日、23日は治療院にて診療いたしております。
23日、一件キャンセルが出まして17時~の枠に空きが出ております。

24日から再び29日までは不在となりますので、お時間が会う方がいらっしゃればご連絡ください。
posted by 石井成之 at 18:21| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

いつも同じ部位が痛くなる

いつも、同じ部位、いつも同じ側が痛くなる。アスリートのみならず、一般の方でもよくあることですよね。

で、マッサージを受けたり、ストレッチや体操をしたり・・・・アイシングをしてみたり、あるいは、鍼や電気などの物理療法を受けてみたり・・・・・

おっ!良くなった!!

と思うのもつかの間。また何日か経つと、同じ場所が気になって来て、で徐々にひどくなって来て、我慢できなくなると、また同じ様に・・・・って言う繰り返し。

そこで、同じ場所が同じ様に痛くなったりするのは、弱いからだ!と思って、鍛えようとする。鍛え方が、よくわからなかったり・・・と言うのはこの際、置いておいて、教えてもらった方法や、自分が知っている方法で、その部位やその周辺を鍛えようとする。

もちろん、それでよくなる事もあります。そんなやり方じゃ、ダメだぜって話ではなく。
それではよくならなかったぜ・・・・っていう場合の方に対してのお話しだと思ってください。
強い、弱いに関わらず、常に負担がかかる場所。居つく、踏ん張る所は、痛くもなるし、張りも出やすいです。強い、弱いにかかわらず、居つかない、踏ん張らない所は痛くもならないし張りも出ません。

痛みなどの問題がどこであれ、まずは体幹と言うか、脊柱の動き方など「強さ」ではなく「機能」に着目しています。
寝た状態や、座った状態、立った状態・・・・いろいろな体勢でどう動くか?どう力が伝わって行くか?
と言うのを、動いてもらいつつ、動きや呼吸に注意してみる事を大事にしています。

その上で、体幹の機能をどう引き出すか?と言う点をまず考慮して、治療後にやってもらう事を考えます。
要素を強調するもの。それと、実際の競技種目なら競技種目に活かせる形で、からだ全体が動いてくれるような「全部が一個のからだ」として機能するためのもの。


意識と無意識。部分と全体・・・・

「1部位で10頑張る」からだと、「からだ全体で、ゆとりを持って10出せる」からだと・・・・どちらが楽でしょうか?

からだ全体で、ゆとりを持って10出せる。を目指して。
posted by 石井成之 at 15:30| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

変形性関節炎の患者さん

先月からいらっしゃって下さってる患者さん。60代だったでしょうか?
両膝の痛みと、膝を庇ってまっすぐ立てないことで腰痛もかなりひどく、家の中で動くことすらかなりしんどい。
と言う事で当院にいらしてくださいました。

これまでも、いくつかの医療機関に通ってみて、電気や鍼や、ヒアルロン酸注射などやってきましたが、あまり効果が芳しくなく、このまま歩けなくなったり家事ができなくなったり......と言う不安だったり、どこかに行くにもいろいろ気を遣うようで、そんな事もあり、痛みも、気持ちの落ち込みようも強い状態でした。

鍼と手技による治療と、セルフケアとして日常的にやっていただくこと、そしてテーピング.......これも、自分でもできる方法をお伝えして数日おきに貼りなおす様にしてもらい。
2度目にいらっしゃった時には、もう少し状態が戻ってしまってるかな?と思っていたのですが順調で、腰も伸びて来て。次に来ていただいた時には、家の中での移動に苦痛がなくなったと。
先日で4回目の治療でしたが、最初にいらっしゃった時には、以前は腰も曲がり膝も曲がり、一歩一歩が痛々しかったのが「スーパーまで歩いて行けるようになりました!」との事でした[E:confident]
ここまでで、最初の来院から数えて5~6週間でした。

ご自宅からスーパーまで、かなり坂道で少なくとも500~600mはあるはずです。
きちんと、セルフケアを続けていただいたお陰だと思います。

今後は治療間隔をさらにあけつつ、ご自宅で日常的にやっていただくことをバージョンアップしていくといいかなあ。と言う青写真を描いております。
バージョンアップとは言っても、シンプルで効果的な方法を.....


これから梅雨時ですね。古傷や持病の具合が悪くなる方もいらっしゃるかと思いますが、そんな時に思い出すことがあればお越しくださいませ。
posted by 石井成之 at 09:04| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

中高生アスリートの腰痛

一年ぶりくらいに見えられた患者さん。
中学生でサッカーをやってると言う息子さんも、腰痛と言うことで連れていらっしゃったのもちょうどその頃でした。
他の医療機関で、あまりよくならない.....と言うことで、一度見てください。との事でした。

息子さんの方はと言うと.......治療して、腰痛の原因とセルフケア、セルフコンディショニングとしていくつかのトレーニングを伝え、確か合計で2度ほど治療したはずです。
その時から月日は流れて........

あの時以来、意識が変わりからだの手入れやトレーニングを続けていて腰も痛くならないし、レギュラーとして頑張っていると言うことでした!
こう言う話を聴くのは、すごく嬉しいことです。
正直な話、通いつめてもらうよりも、ウチに来たことをきっかけに「からだに向き合い、取り組み方が変わる」それによって自ら結果を出す。これこそが目指すこととも言えます。
治療だけで終わらない。中高生アスリートに対しては、こうした部分はものすごく重要だと感じております。

ただ、治療もからだの使い方の指導も十人十色。ベースになる考え方、見方は変わらないですが、処方はそれぞれ異なります。
だから、腰痛に対してはこうしてください。とか、膝が痛かったらこれがいいですよ。と言うマニュアルに終わらない、あなたの腰にはこれがいいでしょう。あなたの膝はこうしてもらうと楽ですよ。と言うところを伝えさせていただいております。

痛みは結果です。例えば椎間板ヘルニアとか、腰椎分離症と言う疾患名がついていても、椎間板ヘルニアが起こる原因になるところが同じとは言えません。そう言う損傷が起こった場所に強い負担がかかるような動き方をしているから壊れるわけなので、そこをどう改善して行くか?痛みはそれを教えてくれます。

それができれば、今ある痛みの改善だけでなく普段の生活全般や、スポーツにもいい効果が出てくるのです。
posted by 石井成之 at 13:21| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

鍼について

えーっとですね。
鍼についての一般論だったり、鍼とはなんたるか?については、わたくしごとき者は語れません。
ようやく、資格をとってから考えると自分のイメージと、やろうとしてる事のギャップが少なくなってきてた程度ですが。

今現在、自分が使ってる鍼についてはいくらか説明ができます。
と、言いますのも......バラエティー番組とかで、メチャクチャ長くてふっとい鍼や、それこそ身体中1分の隙間も無いくらいの大量の鍼を打たれるイメージがあるせいか、世間一般の方に敬遠されがちな鍼治療( ̄0 ̄;)
そのイメージがなくとも、注射だったり、からだに鍼を刺される事に対して精神的な抵抗感があるのは、人として当然だと思います。


「鍼って痛くないんですか?」って、毎度の様に聴かれます。正直言って.....痛くないです!とは、言い切れません。
ただ、皆さんが想像するほど痛くないし、皆さんが思ってる以上にからだの事をわかってるのが鍼灸師だと思います。

20140529_123345

ウチでよく使ってる鍼です。




20140529_123357

他の種類。

どちらも、太さ、長さにはそんなに違いはないですが、感触が違うので使い分けています。




20140529_124256

で、これが鍼の実物。
ウチで使ってるのは、2番、3番と言われる2種類で、太さは0.18mmのものと、0.20mmのもの。ご覧の通りシャーペンの芯と比べてもこれくらい細いんです。

長さは、寸6と言われる、1寸6分。おおよそ5cmです。
最も、5cmも深く入れる事はなく、せいぜい数mmから1cm程度が大半です。

患者さんの状態やニーズ、触った時に感じる感覚で、その都度やるべき事に対してベストと思える方法をチョイスするようにしております。

まあ、また気が向いたら書きますね。

とにかく、そんなにビビらないといかんもんじゃないぜ!を知ってもらいたいなあ…と思っております。
posted by 石井成之 at 22:40| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

トレーニング指導について

当治療院では、トレーニング指導も行っております。
「どんなことするんですか?」と治療に来られた方に聴かれたりする事もあります。

トレーニング指導って言うと、ガンガン追い込んで、メチャクチャきつくて、翌日はバリバリ筋肉痛.......
みたいな、イメージをもたれる方もいらっしゃる事でしょう。まあ、日体大出身だし、確かに故障中のアスリートのリハで追い込むために煽りまくっている所に次の初診の患者さんが来られて「オレはヤバイところに来てしまったんじゃないか((((;゜Д゜)))」って青くなってた事もありますので、そう思われるのもムリはないですが!それは特殊例です(笑)
ウチはあくまでも治療院ですから(^^ゞ

トレーニング指導と言っても、筋力を強化する事が一番の目的ではないので、治療院にある重量物は、重いもので7.5kgの漬物石が2つ。あとは4kgと2kgのダンベルが2つづつ.......全部合計しても、30kgに満たないわけですから少々ウエイトトレーニングをかじった事がある方なら、この重量がどれほど物足りないかわかると思います(^^)
それにも関わらず、トレーニング指導を標榜するのか?と思われてもおかしくないですよね。

簡単に言うと、ウチでやってるのは「力を入れる」「強くする」と言うことではなく「力を出す」「からだの感覚を目覚めさせる」のが目的です。からだの動きかた、使い方。スポーツの技術だったりテクニックの話じゃなくて、本質的な部分の動きかた。
英語で言うなら「チューニング」チューインガムじゃないっすよ!
日本語で言うなら「調律」と言えばいいんでしょうか?


ちょうどいい状態を探して行くような感じ。
ウチはジムやトレーニングセンターじゃなくて、治療屋ですからね(笑)

10のものを11や12にするのが仕事ではなく、本来10あるものの2、とかせいぜい4、6しか使いきれてないのが常人ですから、それを2.5とか6.5にする事のきっかけを
「あれ!オレのからだってこんな事ができるんだ!意外とやるやんオレ!」に気づいてもらうこと。新たな可能性や感覚に気づいてもらうこと。
と言うのが、治療にもトレーニング指導にも共通するコンセプトです。


そのために、道具を使ったり、重りを使ったり、徒手による抵抗を使ったり......

と言う感じで行っております。

治療を受けて、動くと言う事を味わってもらうことで、自分のからだの隅々までつながる感覚を楽しんでもらえると幸いです。

先日来た高校生アスリートも、からだの変化に笑顔になっていただけましたし、実業団選手などのトップアスリートから近所のおばちゃんまで、動けると言うのは、こう言うことか!と感じていただけている様です。

自分自身も、まだまだ修行中ですが、まだまだだよなあ…と思える今でも、随分からだの状態はよくなってる実感があるので、奥行きの深さは底知れませんね。
posted by 石井成之 at 20:00| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

今日は日曜ですがやってます

本当に久しぶりの日曜診療です。

不定休の治療院ですが、ここ最近は流れのなかで日曜休みが多くて、もはや日曜にやってた事を自分ですら忘れそうです(笑)

さて、今日はまだ14:00~16:00は空きがあります。

ふと、思い立ったらご連絡くださいませ。
posted by 石井成之 at 09:38| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

ぎっくり腰

今は昔、ぎっくり腰をびっくり腰と思ふものありけり。
と、今昔物語にもあるように..........
えっ!ないっすか( ̄□ ̄;)!!

すいません。それはなにを隠そうわたくしめでございます(^_^;)
そうなんです。実はむかーしむかし びっくり腰だと思ってました(笑)

なんか、めちゃくちゃ痛くて動けなくなる。しかも、いきなり来るなんて聞かされてたわけですから、まあ子供心には「びっくり」がしっくり来たんでしょうね。
びっくりがしっくり!韻踏んでるじゃん!ラッパーになれるかな(笑)
どっちかっつうと.......パッパラパーだな(^_^;)
まあ、それはいいとして、この仕事をはじめてからも、びっくり腰だと思ってたら......うーん、ちょい恥ずかしい(笑)


関係ないですが、勘違いと言えば、ずいぶん前に「接骨院」を「こっせついん」と言い続ける方がいらっしゃいまして

「私、こっせついんは好きじゃないのよ......」と。いや....こっせついんは、そりゃ好きじゃないでしょうよΣ( ̄ロ ̄lll)

すいません。大きく脱線しました。

最近、日中と朝晩、そして日ごとの気温差も激しいせいか、なにやら腰を痛めて来院される患者さんが多いですね。
ちょっと、重たいかなあ…と思いながら寝て、起きたら痛くなっていた。とか、ちょっと痛かったのが仕事で座ってるウチに動けない位痛くなった。とか。多いですね。

5月病と言うものがあったり、やはりこの時期は心身ともに疲れが出てくる時期でもあります。
特に環境が変わった方々は、知らず知らずに緊張して、ちょっと無意識に張りきっていたものが、いつまでもそれは続かないぜ。になってくる時期でもあります。

ぎっくり腰も、無理を続けてきた、心と体の叫びです。
心身の言い分に耳を傾けて、その言葉を代弁できるように。治療家として、そうありたいものです。
posted by 石井成之 at 19:26| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

長距離選手の足底痛

長距離選手で、足底に痛みが出るケースは結構多いですね。
足底アーチの低下、つまり土踏まずなどの本来地面に着かないような構造になっている部分が、疲労などが原因で下がってくる=足の骨の並びが悪くなる。と言う様な事で痛みがでる.......
ずっと、立ってるだけでも自分の体重を支え、さらに歩いたり走ったりすると体重の数倍の力を受け止める足部。かなり大変です。疲れれば、筋力も低下するわな。そしたら、アーチを支えてるのも筋肉の働きもあるのでやっとれんわ!
ってなるんです。
かなり、おおざっぱな言い方で、ずいぶん省略してるので突っ込みどころは多いですが、まあブログで細かい説明をするのも読むのが面倒でしょ(笑)
細かいちゃんとした説明が必要であれば.......治療院へ(^^)


で、大まかにはアーチの低下ですが、アーチが下がる原因、そこに疲労が溜まり易かったり、使いすぎればなると言いますが、使いすぎになるのも筋力の強さだけではなく個人差がかなりあります。
それは、からだがどうやって動いてるか?と言うところが大きく関わって来ます。
過去に足首の捻挫をしていたり、その他にも過去の怪我が原因になっているケースはよく見られます。

今日の選手の場合は.........体幹部の側屈の動きが相当固く、体側部なんかのかたまり具合は相当なものでした。
足底痛の原因のすべてがこれにあてはまるわけではないですが、背骨の動きの機能や、それができればこっちもよくなるんですが肩甲骨や骨盤の連動。これも、かなり一般的な言い方でぼやっとした表現なので、言い回しにはいくらも突っ込み様があるんですが、そんな細かい事はこの際いいんです(笑)
その辺りがきちんと働いてくれない事で、体重移動、重心移動に際して全身を使う事ができず、脚で走って、足で衝撃を受け止めてしまう。

足部に痛みが出るのは、足部が倒れ込んだり、膝が内側に入って来るからと、足首周辺とか股関節周りを強くするトレーニングばかりしていないでしょうか?体幹部を強くしなければと言って、固める様なトレーニングをしていないでしょうか?
もっと、全身全体でうまく力を出す事、支えるのではなく釣り合いをとりつつ動きを止めない事。
それが、うまくできるようになる方が、動ける様になる。支えて安定するからだより、動き続けて釣り合えるからだを目指して、治療→動きづくり ができる様に。
人間は動く事が前提です。動くには耐震構造より免震構造です。

そんな事を、選手の皆さんと共有しながらお互いに高みを目指す治療院であり続けたいものです。
posted by 石井成之 at 23:09| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

【お知らせ】

来週の5月20日火曜日は、宮島口の予定でしたが、十日市町にて診療いたします。
posted by 石井成之 at 19:39| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

ありがとうございました

Image


開業以来、ずっとカルテを保管し続けて来ましたが、
とうとう初期の分、2002年から2007年まで。
それ以降来院が無い方のカルテを、シュレッダーにて裁断。処分させていただきました。


処分する過程で、いろんな方の名前を目にしました。実業団で走っていた選手、高校生時代に部活をがんばっていた彼ら.....
あのおばあちゃんや、単身赴任で来られてたサラリーマンの方など、いろいろ思い出しました。

今なら、もう少しいい治療が提供できるかなあ…

引退やその他、いろいろな理由で今となっては関係の切れてしまった皆様ですが、この膨大な量の方々に支えられて来た12年。
13年目にそう言えば入りましたが、この場を借りまして、あらためてお礼申し上げます。
皆様のお陰で、続けてこれました。そして、皆様のからだを通していくらか成長させていただく事ができました。
ありがとうございます。
皆様お一人お一人に御返しできない分、これからの治療の中で多くの方々に還元して行きたいと思います。

そして、開業以前の学生時代や、勤務時代に関わった皆様にも重ねてお礼申し上げます。

石井はこれからもがんばります。
posted by 石井成之 at 16:35| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

ハムストリングの肉離れ

陸上競技の短距離選手に多く起こるこの怪我。

シーズンインから、徐々に気温も上がり動きのよくなってくるこの時期よく起こるようで、毎年何人か受診される症例のひとつです。
一度やると再発率も割に高いので、治療・トレーニング・復帰 の進め方には神経を使います。
まあ、どう言った症状であれ、当然なんでも神経は使いますが(笑)
言い方は悪いですが、症状はナマモノで、患者さんはイキモノですから同じものはありませんので、神経使います。

前のブログにも書きましたが、この時期の学生の怪我には、時間的な制約(試合までの日数)がかなりタイトな状況になる事も多く、慎重かつ大胆な進め方をせざるを得ない事も多くあります。
学生だけでなくアスリート全般に言える事ですが、教科書的には、医学的には、こうであっても、その通りに進めれない.......と言う事態が生じるものです。

私自身は、治療を進める前に、整形外科を受診してもらうこと。そして、医学的見地からの意見を聴くこと。
時間的な猶予がない事によるリスクがあることを説明した上で対処していくように心がけております。


詳しい治療内容は割愛させていただきますが......文字で伝えることは大変難しく、かつ相当長くなりますので。

冷やすこと・温めること・なるべく早期に動かしはじめること・痛みのコントロールをしながらトレーニングすること・鍼灸マッサージ師なのでもちろん使いますよ その他状況を見つつ適宜選択


と言うのが大体やることです。
いわゆるトレーニングとして、よく言われるハムストリングの強化をほとんどやらないのが変わってると言えば、変わってるかも知れません。ハムのトレーニングはしない......わけではありません。結果として使い方にムリがなくなるのか?結果として強くなるのか?定かではありませんが、この方向で組んでいって再発率が低い実感はあります。
統計は取ってませんが。

筋肉と言うのは、忠実なので意識して個別に鍛えると働きたくなってしまうんです。働きたくって事は縮みたくなってしまうんです。自己主張が強くなるんです。
強ければ肉離れを起こさないわけでも、弱いから肉離れをするわけでもないんです。

と言う感じで進めさせていただいております。
posted by 石井成之 at 16:43| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

なかなか楽しき

以前から知っていたけど使いこなせないで、封印してきた技術。操体法。

「最大抵抗」と言う定義がなかなかイメージできず、やってみても思うように成果が出ない(ーー;

それが、ようやく繋がって来ました!ようやく治療技術のひとつとして表に出せる様になってきた手応えを感じる今日この頃。
全身のつながり、動いてゆるめる。受動的な治療ではなく、能動的な治療、コンディショニング。に確実につながるものがある。
施術する側にも、受ける側にも、気づきを与えてくれる。
ひとと、からだと対話する治療へ!
息をあわせ、一体感を持ちつつ行う施術。

長いこと目指して来たものに少しだけ近づけた様に思える。

日々、修行ですね。
posted by 石井成之 at 19:55| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

気血の廻り

先月末から、ご紹介でいらっしゃった高齢者の患者さん。

脚のだる重さを主訴に数々の不定愁訴・・・・

先週2度目の治療を終え、自分としては、それなりに手応えを感じた施術でしたが、治療の説明と、現在の見立てについてお話しさせてもらいましたが、どうも説明がよくわからないし、症状もなんとなく良くなった様な・・・・程度で、釈然としない様子でした。

が、今日3度目の治療に入口を入ってこられた患者さんの「こんにちは」の声が、「あれ?こんなに声出てたっけ??」って思うほど前回とは張りが全然違う。

そして治療ベッドに向かう足取りも、表情も全く違う。

聞けば、やはり治療後、治療前は緩かったお腹が、便秘気味になり2日くらいして、それが改善されるとともに、症状も一気に変わってきたとの事でした。

まあ、そりゃあ今まで、普通に病院や接骨院に通ってて、いきなり気血の廻りがどうのこうの・・・・この滞っている物を流して、廻らせて・・・って言われれば、普通困りますわね(笑)
自分も、いつも誰に対しても、そう言う説明をして、そう言う治療パターンのアプローチをするわけではないです。

今回の患者さんは、病院に行き、ペインクリニックに行き、接骨院に通ってるけど症状が改善しない。と言う方だったので、そりゃそこに対して、現代医学的な切り口からアプローチしても、負け戦になるのは目に見えてました。
と言う事で、そちら側からの切り口で、お腹や背中や、頚回りからやらせていただきました。

そして、今日はもう一つ。そこに、全身をうまくつながらせる。連動させていくアプローチを加え・・・・

すっかり、症状も軽くなったようです。いろいろあった消化器系の不調や、膝の痛み、声の出にくい感じ、喉のつかえなども随分解消された様です。


今回の患者さんは、思ったよりもずいぶん短期間で症状の改善が見られました。
もっと改善まで長期戦になると覚悟していたんですが。まだ、しばらくは症状が変わりながらいろいろ出てくることと思いますが・・・・

もちろん、同じような症状であっても、もっともっと長期戦になる事も、まったく歯が立たない事もあるでしょう。
たまたま、うまく行った例とも言えますが。

こうした事もありますよ。鍼灸マッサージと言う選択肢もどうですか(笑)?と提案させていただきます。
posted by 石井成之 at 18:42| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

一段落しました

おはようございます。

合宿→都道府県駅伝 と続いた、外での仕事も一段落。
今週は、通常通り治療院に腰を落ち着けての診療です。通常通り?って言うのには少々疑問を感じるくらい今月は外仕事が多いのですが(^_^;)


さて、さすがに、2週間ほど閉めていた治療院内は冷えていて、暖まるのに少々時間を必要としそうです。
自分のオヤジギャグよりも、今回の寒波の威力は強い様で。
自分が居るときに、治療院内が冷えきらないのは、オヤジギャグに関係なく、単に暖房入れてるからだって(((・・;)?
そんな失礼な意見は却下です。寒波には完敗です.......


それはそれとして、冷えきっているからと言う事だけでなく、治療時に活躍してくれるのがホットパック。


Dsc_0387_7


はい。すいません(>_<)
これじゃなくて........


Dsc_0705_2

こちらです。
お湯のなかに、吸湿性の高い泥の様なものが入っているパックを浸けてあるだけと言う非常にローテクなものですが、こいつがお湯をしっかり含んでくれるので、じんわりと心地の良い暖かさが持続します。
さながら温泉につかってる様な気分です(笑)

おそらく

このホットパックウォーマーを使えば、美味しい温泉卵も作れそうですが.......チャレンジしたことはありません(笑)
ご希望の方は、卵持参でお越しください??

さて、27日から、月末一杯は再び合宿のため不在ですので、ご予約は今週か若しくは月があらたまってからでお願いいたしますm(__)m
posted by 石井成之 at 10:24| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

1月の予定

非常に早いのですが、1月は現在の所、合宿帯同が決まっておりまして広島に不在の時が多いので、告知させていただきます。








~1月3日(金)正月休み

1月4日(土)~1月6日(月) 通常診療

1月7日(火)~1月17日(金)合宿帯同の為不在
※1月17日は、午後には帰広予定ですが、そのまま「ひろしま男子駅伝」関連のサポートに入ります。
翌、18日も駅伝関連のサポートがありますので、診療可能時間帯に制限がありますので、お電話にてご確認ください。

1月19日(日) 休診

1月20日(月)~1月26日(日) 通常診療

1月27日(月)~1月30日(木)合宿帯同の為不在

1月31日(金) 休診








となっております。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

なお、治療院・携帯電話どちらにご連絡を下さっても、お受けできますので、御用の方はどちらにでも、あるいはメールでもラインでも、Facebookでもごれんらくください。
posted by 石井成之 at 12:33| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

12月の予定

12月の予定になります。

年末は28日まで、年始は4日からの診療の予定です。

教室「1.pdf」をダウンロード
12月1日 日曜日14:00~ 肩スッキリ教室
12月8日 日曜日14:00~ 腰しゃっきり教室
12月15日日曜日14:00~ アスリートコンディショニング教室

各6名の定員となっております。奮ってご参加ください!
来月以降も、定期開催予定ですが、スケジュールが合わないと言う方に朗報です!

3名以上でお申し出頂きましたら、ご希望の時間帯でも対応可能です!



休診日
12月10日(火)
12月14日(土)
12月22日(日)
12月29日(土)~1月3日(金)正月休み






posted by 石井成之 at 12:18| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

教室開催いたします【定期開催予定】

来院してくださる患者さんや、アスリート。そして、引率してこられる指導者の方と、治療の一環として、セルフケアであったり、エクササイズであったりの指導もさせて頂いております。

あくまで、治療の補助的な位置づけとして取り組んできたんですが、結構これが効果的で、お話しさせていただいた皆様にも「なるほど!」と腑に落ちる・・・・と言う方が多くてですね。

だんだん、治療の一環としてでは時間が足らなくなって来たり、またより多くの方に伝えて行く機会をつくろうと思いまして、この度「教室」としての立ち上げを企画いたしました。

自分自身の性格上・・・・おそらく資料を作って、毎回ほぼ同じ内容の物を・・・って言うのは、ムリ[E:coldsweats02]

その都度、大枠は変わらなくても、変わると思います・・・・・


目指す所は、やる事の意味と、目的を理解してもらいつつ・・・・自分の身体の状態を感じ、原因がどこにあるのか?を気づいてもらえる事。自分自身で、自分のからだをより良くできる事を知ってもらう事。

そんな機会やきっかけになればいいよねえ。と言う思いから、やってみますか!と言った所です。

ご興味を持たれた方は、ぜひご参加ください。

「1.pdf」をダウンロード

Dsc_1040
posted by 石井成之 at 12:51| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

慢性的な足部の痛み

同じ様な症状の方が、なぜか数名来る・・・と言うのは、なぜかよくある話です。
ぎっくり腰の患者さんが、立て続けにいらっしゃるとか、肉離れの選手が同一期間に数名来るとか・・・別に、世の中でその症状だけが流行しているわけでもないのに、なぜか同じような感じの症例はまとめてやって来ます。

最近の傾向は・・・・足部です。
足底、足甲、足首・・・そんだけ広ければ、同じ様じゃないじゃん!って突っ込まれそうですが[E:coldsweats01]
そこは、自分の個人の感想であり、治療しながら考えている主観なので、まあいいんです。
学術的に認められようが、認められまいが・・・まあ、認められないですけど(笑)


さて、それは置いておくとして、先日からの数例。いずれも、以前足関節の捻挫があります。
程度は様々ですが、この際程度云々ではなく、その時きちんと治療をしたか?はポイントになって来ます。
足首自体に、痛みがあるか無いか?これも、ここでは問題ではありません。

足首が緩い。足首の動きに異常がある⇔膝の捻じれ⇔股関節の捻じれ

もちろん、これだけではないですが、おおざっぱに言えばこんな感じ。

足の部分の骨の並びを正常に整える⇔足関節の滑りを正常にする⇔全身のつながりを考えながら治療する

その上で、局所にフォーカスして、どうすれば動きが出るかを考える⇔局所への負担を全身の連動の中で、集中させない様に考える

セルフケアの指導。リコンディショニングとしてのエクササイズの指導。動き方の改善。
すごく地味で細かいものもあれば。そうではない感覚に訴えかけるものも。動きそのものを意識しないとできないものもあれば。動きを意識したり考えたりしてたらできないものも。そんな様々を、状況に応じて使い分けます。


これまで、色々な治療を受けたり、いろいろトレーニングをして来てるけど良くなっていないわけですから、ケアのやり方も、エクササイズの方法も、オーソドックスなものとは少し違ってきます。
本に出てる方法や、一般的にやられてる方法で良くなるんであれば、とっくに良くなってるはずです。
それでは、解決しきらない。
だから、マニュアルは存在できないし、むしろ枠をつくってしまうと、かえって治らなくなってしまう。

だから、個のニーズへの対応が必要。その為の治療院であり、その為に自分がいる・・・と思います。
皆様のオンリーワン。それが、自由診療で治療院をやる意義です。
保険は使わない。1日に、たくさんの人も診ない。と言うか、診れない[E:coldsweats01]

なんだかんだで、結局そこが自分のストロングポイントか。
posted by 石井成之 at 19:06| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

よい変化

先日、治療院に来てくれた選手で、良い変化がありました。
こう言う時が、非常にうれしく感じる時ですね。


1人は、昨年の冬位からウチに来はじめた選手。当初は、1年くらい故障を繰り返していて、心身共にかなりボロボロの状態でした。
気持ちはあるけど、からだがついてこない。そんな中で、かなりいろんな部分にズレと言うか、空回りと言うか・・・・焦りや不安や、そして痛みや、そんないろんなものがうまく行かない感じ。

痛みに対する治療ももちろんですが、気持ちとからだのズレ。やる気と、不安感のズレ・・・そこを、どうすり合わせて行くか?一番の課題でした。
どのタイミングで、何を言おうか?どう言う表現を使おうか?そんなこんなを、いろいろ試行錯誤しつつ・・・
動けるようになってからは、しばらく来ることもなかったですが、先日久しぶりに「痛くなった」と。
でも、これまでの痛みの出方とは違う。明らかに、動ける様になって思い切って動いて、それまでずっとでききれなかった部分ができるようになってきた。強い負荷を試合でかける事ができた事による痛みです。

いろいろ、しんどい時期もあっただろうし、よくぞここまで自分自身で戻って来たなあ・・・・すごいなあ。と素直に思いました。
きっと、これから、またこれを一つのきっかけにさらに伸びて行くのではないか?そんな風に思ってます。


もう1人は、この1~2ヶ月、故障に苦しんでた選手。
失礼な、言い方をすると「なんか、なんとな~く続けてるなあ・・・」と言う、雰囲気が拭い去れなかった選手。
治療中に、所々「奥には、持ってるなあ・・・・気持ち」って言うのは、感じる部分はあるんですが、今一つ、何をすればいいのか?何がしたいのか?と言う部分がはっきりしないでフワフワしてる、そんな感じでした。
それが、故障で走れない時間が続いて、少し自分を見つめなおして考える事ができた様で、「おっ!いい方向になってきたじゃないか!」と言う感じを持ちました。
これが、どこまで続くか?どう、深めていく事ができるか?と言う部分ではありますが・・・・今、ここがひとつのタイミングだよねえ。
と、感じました。
いくらか、治療中にもこれまでとは違う言葉を選んでみたつもりですが。

どちらにしても、自分ができるのは、ただ単にヒントをちょこちょこ出してみることだけ。
それを、どう受け止めて、どうして行くかは、これはもうその人それぞれです。そう。言ってしまえば、自分は何もしていない(笑)ただ見てるだけですね[E:happy01]
こうして、ちょっといい成長がみられた時が、ものすごくうれしい時です。「自己ベストが出ました!」と言う報告より嬉しいかも知れません。
なぜなら、記録の向上自体は競技の上での成長だけで、こうした記録には表れないかも知れないけども、精神的な成長は、競技をやめてからも、きっと財産として確実に残ると思うので・・・・

また、こう言う事に出会えるように、まあ・・・・ただ見てる事を続けるか。と、思う。そんなできごとでした。
posted by 石井成之 at 17:33| Comment(0) | 治療院 | 更新情報をチェックする